Gibson J-50 を購入

ギブソンのエレアコ J-50 を購入しました。

 

ギブソン J-50の音を録音してみました。

マイクはAKG C214,AudioI/Fは EMU0404,DAWはFL-STUDIOです。MP3 160kbps
 

J-50ストローク


J-50アルペジオ


J-50バレーコード(コンプかけ)


 
やはりストロークでの響きの心地よさがギブソンの特徴でしょうか。

 
 
 

J-50のルックス

 


 

シルエットがいい

このシルエットどうですか!

かっこいいですねー。

色はまだまだナチュラルな明るい色です。

10年も経つと結構渋い色になるでしょう。

べっ甲調のピックガードがJ-45に比べて大きくて素敵です。

ビンテージっぽさを残したデザインなのでしょうか?

 


バックはもっとシンプル



裏から見るととてもシンプル。派手な木目等はありません。

ギブソンの中でもスタンダード&エントリー的なモデルなのでしょうね。

材種はトップもバックもネックもマホガニーです。

バインドもとてもシンプル。

 
 
 

ネックは細くて弾きやすい

 



 
ネックは細くて弾きやすいです。

横から見るとこんな感じ。↓

 


 
 


ブリッジ部です。

いつかブリッジをTUSQに交換してみたいと思います。

この下にピエゾピックアップが仕込んであると思われます。

 

ヘッド部



ヘッド部です。

ペグはグローバーが付いています。

シリアルナンバーがヘッド裏とホールの中のラベルに書いてあります。

 
 
 
 

サウンドホールには電池とヴォリューム

 


サウンドホールです。

一応エレアコなので、ボリューム調節用のノブみたいなものが見えます。

9Vの電池もサウンドホール内に仕込みます。

 
 

買うときはいろいろ迷った

Gibson J-50です。2009年1月に買いました。

当時、タカミネのLTD-97というギター(エレアコ)を弾き語りに使用で10年程愛用してきましたが、DTMで生音を録音すると、「なんか違う」、「何か物足りん」と思うようになってきました。

 

生音よく鳴るギターが欲しい

とにかく生音をかっこよく録音したくて、エレアコではない「生音のよく鳴る」アコースティックギターを探していました。

ネットや雑誌で調べていくとマーチンかギブソンが定番だということ。

 

マーチンかギブソンか?

評判だとマーチンってアルペジオなど単音がよく、ギブソンはストローク向きだということでした。

んー弾き語りではストロークが多くなるけど、録音では単音をきれいに録りたいなーっとか、やっぱ定番中の定番はマーチンでしょう、マーチン買っときゃまちがいなし!でもJ-45,J-50のあのシェイプはどのメーカーにもなくてかっこいい!なんていろいろ迷いました。
マーチンだとD-28ですかねー。

 

ビンテージのJ-50、J-45のルックスにあこがれ

アコギ専門の雑誌で古ーいJ-50、J-45を写真でみたり、斉藤和義さんなんかが持ってるボロいJ-45、やっぱり見た目はダイジーって思いだしてだんだんギブソン寄りに。
ただ、ビンテージのJ-45、J-50を買うほどお金もないし、目利きもたたないので現行品で買うことに。
J-45の黒や茶ベタ塗りで白ピックガードのモデルがかっこいい!って思ったんですけど、現行品では×。それならば渋ーいJ-50ぜよ!ってことでほぼ決定しました。

 

現行品試奏して買うことに

しかし全く音を聞いたことがないものを通販で買うのはさすがになぁー。

意を決して大阪心斎橋の某楽器店に試奏に行くことに。田舎在住(和歌山)でなかなか行くことは出来ないので、試奏して納得すればその日に買って帰ろう!っちゅう勢いで行きました。

 

試奏が苦手でして

でもあの楽器屋さんで試奏って言い難いのは私だけでしょうか。

そんなときに限って店員さんは忙しそうだし。

最初に入ったところではついに試奏を言い出せず、近くの楽器店に移動。

そこでも小一時間言い出せず結局また最初の店に戻ってきちゃいました。

 

ガヤガヤしたところでの試奏は…

このままでは「何しにきたかわからん」ってことでやっとの思いで試奏させてもらうことに。

でもあの楽器屋さんってガヤガヤと雑音が多くて試奏してる音なんて聞こえたもんじゃないです。

高価な楽器選んで買うなら静かーなお店で試奏させてもらったほうがいいです。

これはそのときに得た教訓。

 

無金利36回ローンキャンペーン

私の場合決め手は「無金利36回ローンキャンペーン」

買ってしまいました。

 

満足です

でも夢のギブソンが手に入って大満足。早速帰って弾いてみる。じゃらーーーん。おーーやっぱり響きがいい!ストロークのまとまり感というかコードのかたまり感がすごく心地いいのです。

それになにげにピエゾ内蔵していて、エレアコにもなる。

いいわ、これ!

 
 

エフェクター自作にハマってます。

エフェクター自作などというと私にはすごく敷居が高かったのですが、ある日本屋で「土日で作るオリジナルエフェクター」という本を見つけました。
それ以来、自作エフェクター作りにハマってしまい、今まで4,5台作りました。
指定のパーツを回路どうり(イラストどうり)に作るだけなので、ケースの加工半田付けが出来れば難なく製作できます。
何台か作っていくとアナログ回路のことを理解したくなり、ただいま勉強中です。
作ったエフェクターを追々紹介していきたいと思います。
自分で作った機材で音が出ると楽しいですよ。

 

いわゆる「土日本」というものです。



 

まさかエフェクターを自作できるなんて

私はこの本で電子工作に目覚めました。エフェクターを自分で作れるとは思ってもみませんでしたが、この本を読んでいくうちに「作れる!」「作りたいっ!」って気持ちがフツフツと沸いてきました。

実際、部品の点数は「これで音出るの?」ってくらいに少ないし、イラストで配線の通り具合を細かく描いてくれているので、半田コテさえ扱えれば初心者でも作れると思います。

 

基板を使わない

それと作者のtoyaさんのこだわりで基板を一切使わず、部品と部品を電線でつないでいくので、配線間違いも見つけやすいでしょう。

作者さんの意図は音質に配慮した仕様だということです。

 

マイクのプリアンプやリミッターも

とにかくこの本の通りに作れば、自作エフェクターが作れる!これはすばらしい事だと思います。
エフェクターの種類もギター用だけではなく、マイクアンプや録音時に使えるリミッターなど、DTM宅録にも使えるエフェクターの記事を掲載。幅広い読者層を満足させるものです。

 

土日本 2



 

実体配線図

土日で作るオリジナル・エフェクターの続編です。前作よりもワンランク上のオリジナルエフェクターを製作できます。今回はより見やすいカラーの実態配線図がついていますので、初心者でも根気よく作れば完成できると思います。

 

真空管回路

今回は真空管を使ったエフェクターも掲載されているので、このデジタル機器全盛の時代に真空管の音を体験できるのはすばらしく、そして貴重なことだと思います。

制作方法は前回と同じく、電線でパーツとパーツをつないでいくもので、作者の音へのこだわりが伺えます。

初心者にも配線のつながりを追いやすく、あとからの改造も容易であると言えるでしょう。
前作よりも部品点数が多いので少し敷居が高くなりますが、経験者には作り応えがあり、初心者も作ってみる価値のあるものだと思います。

 

Roland VS-880 CF内蔵

 
おそらく10年くらいは経過しているであろうVS-880。
使用頻度は多くないのでまだまだ使えそう。
CFカード内蔵で容量アップ&静音&高安定化させます。


 


 

CF-IDE変換アダプター

 
↑今回購入した STRATOS CF-IDE変換アダプター 2.5インチのハードディスクをそのまま交換できる形状なので改造は容易でした。
44pinです。

 

既存のHDD取り外し



 
↑これが純正のHDD
2.5インチよりも薄いHDD(1.8インチ?)を薄いアルミシートでくるんだだけのような頼りない構造でした。
ハードディスクスロットのカバーを開け、スロットを留めている2本のビスを外せばスロットを引き出せます。

 
 

既存の変換アダプタはそのまま流用

 


 
↑純正ハードディスクに付いていた変換カード
これをハードディスクから取外して使います。
HDP-88と表示が見えます。

 

既存のハードディスクケースを穴あけ加工

CFカードを簡単に入れ替え出来るように開口します。
頻繁に抜き差しすることが無ければそのままでもよいと思います。
そのままの場合はドライバーでビス2本を外し、スロットを抜き差しすることになります。

 

使用した工具

  • 電気ドリル(ハンドニプラー用の穴を開ける)
  • ハンドニプラー(ハンドニプラーで大まかに開口)
  • パイプ用リーマー(切り口を整える)

↑今回使用したリーマー

写真撮るの忘れましたがハードディスクが入っていたケースにドリルで穴あけハンドニプラーで大まかに開口、仕上げにリーマーで削り取りました。(カッターで削るより安全です)

 

↑穴あけ加工完了。

これでCFの入れ替えの手間が少し減ります。

 

ケースにCFカードをセット

 


 
スロットケースCF-IDE変換アダプターを装着、CFカードも差し込んで準備完了です。
CFカードの容量は2GBです。

 

スロットに挿入

 


 
いよいよVS-880にCFスロットを挿入します。

 

装着完了

 


 
装着完了です。
この状態でも何とかCFカードの入れ替えはできそうです。(ピンセットが必要かも?)

スロットを留めているビスを手で回せるビスに交換してみましたが狭すぎてビスをつまめず、結局元の+ビスに戻しました。因みにビスは3mmです。

 

スイッチオン

電源を入れます。

 
 


 

2GB認識できた

2GB認識しているようです。
44kHzMT2モード540分です。
マニュアルを見ると4GBまで認識するようです。

 
 

試しに録音

ためしに6トラックくらい録音してみましたが、まったく異常なし

 

マイク録音時に雑音なしで録れる

ハードディスクのように作動音もまったくなくメチャ静かです。
もともとファンも内蔵していないので全くの無音です。

 

安定性と耐久性

安定性も今のところ大丈夫です。
ハードディスクはいつか壊れるリスクがありますが、CFカードなら他の内部部品より先に壊れる可能性も少ないでしょう。
なので信頼性もばっちりです。

 

まだまだ使える

結構古い機材ですが、名器と言われたRoland VS-880です。
私が手にいれたのは5年ぐらい前で、確かヤフオクで¥15,000前後でした。
今でもたまにヤフオクでみかけますね。
今だと¥5,000くらい?ですかね。
手にいれた当時はテクノポップなユニットでライブをやってまして、オケのプレイバック用に使っていただけでした。

 

アコギや歌をコンデンサマイクでクリアに録る

今回引っ張り出してきたのは、アコギや歌を録音するときコンデンサマイクを使うとどうしてもPCのファンの音が入ってしまってクリアに録れないので、どうしたもんかと。...そうだ、VS-880だ!っと。
物置から出してきたもののVS-880もハードディスクまわってるじゃありませんか。PCよりは静かだけど...。

 

SP-808はCF化できず、MPC2000XLはCF化できた

そう言えばMPC2000だったかのCF化の記事どっかで見たよなーってググってみたら、VS-880でもやってる人がいるみたい。
他に所有しているSP-808とMPC2000XLも埃かぶり気味だったので、どれかに使えればめっけもんってわけで挑戦してみました。
結果的にはSP-808はダメでVS-880とMPC2000XLはCF化できました。

参考:MPC2000XLCF&SD化

 

DAWでミックスしたいけど

問題はミックスはDAWでやりたいので録音したファイルのをどうやってPCに取り込むかです。
何年か前まではVS-880で録ったファイルをWAVに変換するソフトがフリーで存在していたという噂ですが...。
今ではそういうソフトは見当たらないです。誰かそういうソフトがあったら教えてくれませんかねぇ。
現状1トラックずつアナログで録音し直すか、デジタルで録音し直すしかないですね。

 
MPC2000XL-CF MPC2000XLお手軽改造 ~FD&ZIPモデルユーザーに贈る~
↑参考にさせていただきました。

STRATOS CF-IDE変換アダプター

NHK HV特集 フロンティア 「リミックス戦争!?~著作権保護は誰のため?~」

●ハイビジョン特集 フロンティア
「リミックス戦争!?~著作権保護は誰のため?~」 [BShi]4/24(土) 前11:30-後0:48




Rip! Remix宣言

すごく興味深い(&刺激的)内容のドキュメンタリー映画でした。
ファイル共有ソフトで違法ダウンロードした人が提訴されて示談金払わされたり、示談しないと高額な賠償金で敗訴になったり。「著作権って怖ろしぃー」って思いました。

映画中に出てくる「リミックス宣言」に沿った形で「ガール・トーク」や弁護士の人のインタビューがスピーディーに展開されてあきさせない内容。

 

ブラジルの音楽シーン

最後のほうに出てくるブラジルの実情なんかは明るい未来を感じさせる内容でした。ブラジルのスラムで生まれる音楽の実にたくましく楽しいこと!(AKAIのMPC2500を使ってました!)。

 

音楽だけじゃない特許の実情

特許の実情などにもふれ、エイズ治療の費用無償化の為ブラジル政府が行った、特許を無視してのHIV新薬開発などの話も非常に興味深いです。

 

映像もリミックス

映画の中で使われている映像も過去の映画やテレビから拝借してきたものを織り交ぜて「リミックス」されており、かっこいいドキュメンタリー映画に仕上がってます。

 

サンプリングは創作か

私も趣味のDTMで作曲、トラックメイクのまねごとなどやりますが、「ガール・トーク」の様なサンプリング手法でのリミックスにはなんか罪悪感というか抵抗がありまして、ネタがわかるようなサンプリングの使用は極力控えた傾向にありました。(アマチュアだし高額な著作権料は払えませんから)
それに自分自身の中でもこれが創作活動と呼べるものか?なんちゅう思いもありまして。

 

創作っていうのは新しい組み合わせのこと

このドキュメンタリー映画の中で「創作っていうのは新しい組み合わせの事」って言ってる人がいて何の躊躇も無くガシガシと貪欲にサンプリングで曲を造っているわけです。
それで「おー!サンプリング全開で曲作ってみたい!」って気持ちにさせられました。
もっと自由に創作活動したほうがいいなーってね。
DTMやってる人は観るとひと皮剥けた曲が造れるかもしれませんよ。

おすすめです!!
映画のタイトルは「Rip! Remix宣言」のようです。

 

CDJ800mk2とDJM400

アコギ弾いて歌ったりするんですが、ハウスやテクノも大好き!で、いつか自分で作ったトラックを駆使して地元のクラブでDJデビューするんだー。
なんちゅうはかない夢もってんだけど私ももう30代後半。
そうゆう機会もないかもなー。
私がここ3年で買った物で1,2を争う高価な品、それが1番使用時間が短いように思う。
もったいないねー。