Gibson J-50のブリッジピンとサドルをTUSQに替えてみた

Gibson j-50のブリッジピンとサドルをTUSQに替えてみました。

 

お手軽カスタマイズ

 

ブリッジピンは取り替えるだけ

ブリッジピンのほうは少し値が張りますが、取り替えるだけなので手軽に音の違いを楽しめます。

結構音変わります。

TUSQ素材は結構硬いようでブリッジピンをまとめて手の中で振ると「キン、キン」って音がします。

 

安価です

両方で2千円ちょっと。



 
↑TUSQ製ブリッジピンです。¥1,500ほど。



 
↑こちらはTUSQ製のサドルです。¥600くらいでした。

 
 

サドルの選定

サドルはギターそれぞれに形状が違いますので、一番近い形、長さ、厚みを測って購入しました。

 


↑取外したサドルと、加工前のTUSQサドルです。

形状は良く似ています。2弦の部分が特徴的な形になっています。
この形が違うとオクターブピッチが合わなくなるんだと思います。

 

元の素材は?

もともと付いているサドル&ブリッジピンノ素材はよくわかりません。
ブリッジピンはプラスチックっぽく、サドルは牛骨かな?(裏に巣のような穴がありました)

 

サドルの加工

幅はほぼ同じで、そのままブリッジの溝に収まりそうです。
サドルの高さだけは削ります。

 

平らに削る

ブリッジの溝の底部(ピエゾのセンサー部?)があたる部分を平らに削ります。
正式なやり方はわかりませんが、サンドペーパーの上に小さなバイスで挟んだサドルをひたすら真っ直ぐをキープしつつ削りました。

ベルトサンダーがあればいいかもしれません。
でもどうしても手作業では真っ直ぐにならない気がします。プロはどうするのでしょうか?



 

弦高を低くしてみた

一応サンディング完了です。前より少し(1mm程度)低くしてみました。
弦を張りなおして完成!

 

音の変化

音は結構変わりました

 
 

生音

弾いてみた感じは音に輪郭が出る感じで、バランスもいいかも?って思いました。

 

録音した音

 
お詫び:ブログ引越しの際録音いた音源を無くしてしまいました。

元々の記事には録音した音源がありました。

 
録音して聴いてみると、以外と取り替える前の方が音が丸くて好みです。
というか、ブリッジピン、サドル両方取り替えた音は聴きづらい気が...耳に痛い。
少し低音足りないような。

 

まとめ

音の好みには個人差もありますが、自分で引いているときの音は心地いいです。
録音して聴いてみると好みではない音でした。
派手な音という印象。
中音域が出てきているのかもしれません。




 

泉佐野「36KR」でのライブイベントに出演しました。

2010年8月29日(日)約半年ぶりにライブに出演しました。
もう結成して12~13年になるユニット「エイジトケン」。
当時スタンダードなナンバーばかりをセレクトして始めましたが、その当時からレパートリーは全く増えず。
モチベーションも下がり、このままフェードアウトしてもおかしくない状態が続いてました。
しかし今回、新しい曲に挑戦でドキドキワクワクのライブに!

アコギのシステムも実は内蔵ピエゾ+マグネットピックアップを用意していましたが、結局セッティングがうまくいかず、Gibson J-50の内蔵ピエゾ→KORG DT-10→Roland AD-3での本番となりました。
BOSS AD-3とKORG DT-10



今回お店のマスターのご好意によりwifi環境をお借りすることができ、
USTREAMでライブ配信やってみました。
ライブ配信できたことはとても満足ですが、ライブの内容は、勢いに任せた真にお恥ずかしい内容となっております。反省しております。

TRSフォンケーブル自作「カナレL-4E6S」

PC(オーディオインターフェイス)のアウトからミキサーの入力のラインケーブルが不調(片方の音量が小さい)なのでケーブルを取り替えることにしました。
ちょうどマイクケーブルにしようと購入していたカナレのL-4E6Sとメーカー不詳のTRSフォンがあったので、ケーブルを自作してみました。

ミキサーの入力バランス入力ですが、E-MU0404のアウトは確かアンバランス出力なのでバランスケーブルを使う必要は無かったのですが、大は小を兼ねる、バランスはアンバランスを兼ねるということで作ってみました。

 

カナレ L-4E6S

定番のケーブルです。

被覆色は色々あるようです。

今回は黄色。

ライブやスタジオで忘れて帰ることがないように派手な色のケーブルを使うようにしています。




↑青、白ツイスト2ペアに網目のシールドが施されています。

 

TRSフォンコネクタ

T(Tip)、R(Ring)、S(Sleeve)の頭文字ですね。


↑メーカー不詳のTRSフォンコネクタ

 

ケーブルの端末処理

ケーブルの端末処理を行っていきます。

 

外皮を剥く

↑まずは外装被覆を剥ぎ取ります。
内側のシールド編線を傷つけないように、押し付けるように切れ目を入れて剥離します。

 




↑綺麗に剥けました

 

シールド網線をほぐす

シールド網線はケーブルのマイナス側に使用するので切れてしまわないように丁寧にほぐします。

↑シールドの編線をセンマイトウシのような先の細いものでほぐします。

ちょうど櫛でほつれた髪をとかすようにほぐしていきます。

芯線は2ペア(4芯)の構造になっています。

 

芯線を剥いて予備ハンダ

 
↑芯線の被覆をケーブルストリッパー等で剥き、先を少し捻って半田を流し込んでおきます。

こうしておくとコネクタ側の穴に線を通しやすくなりますし、半田付けの際付きやすくなります。

 

TRSフォンコネクタにハンダ付け

↑シールド線を繋ぐ穴が小さそうだったのでセンマイトオシでグリグリして少し穴を広げました。

 

少し曲げておく

↑こうしてコネクタの線取り付け部を少し曲げておくと、線をセットするとき入れやすいです。

 

ハンダ付け

ハンダ付けの前に袋ナットと保護チューブをあらかじめ挿入しておきます。

↑線を穴に通して折り返し、あまった部分を適当な長さに切断します。
あとは半田を慎重に流し込みます。

 

袋ナットと保護チューブを取り付け



 
↑あらかじめ通しておいたコネクタの袋ナット部分とナイロン製の保護チューブを取り付けます。

完成

L用R用で2本製作しました。



 

確認

線間の抵抗両端の導通を確認します。



オリジナル曲「星がきれいだね」~アコースティックギター弾き語り

数少ない私のオリジナル曲の中から1曲紹介したいと思います。
1991年から1992年頃に作詞&作曲した曲です。(古すぎますねw)
久しぶりに歌ってみたら結構気に入った歌い方が出来たので発表したいと思います。
曲の印象などコメントいただけると大変うれしいです。

 


 
長年歌っているはずなのに音程外してますね。ちと恥ずかしい。
曲のキーを長年迷いまくってます。
今回は1カポでCですが、少し高すぎましたね。低くするとまた音程外すんですよね。

[Black Bottom Brass Band]‘Thoughness and Madness”tour@神戸TICKEN GEORGE行って来ました

2010.6.6.(sun)神戸チキンジョージ
「Black Bottom Brass Band」のライブ見に行ってきました。



 

和歌山にも来た

友達が「Black Bottom Brass Band」のメンバーさんとお知り合いになったっちゅうことで、今回初めて見に行かせていただきました。

4月に和歌山に中学校の吹奏楽部のゲストで来られていたみたいで、和歌山市内三木町通りの某BARにふらりと立ち寄られたみたいです。

ホントに気さくな人達らしく、某BARに備え付けの楽器を演奏され、セッションまでしていただいたそうです。友達のお誘いで行くことになったので急遽YouTube等でリサーチ致した次第で、「なかなか楽しそうだね!」って感じで行きました。

 

踊りっぱなしの2時間

とにかくライブ、エンターテインメントとしての楽しさ、見ごたえは相当なもの。

ホーンセクションがこんなに生き生きと、しかも主役でアンサンブルしている!バンドは初めてでした。

しかもリズムはアップテンポで最初から最後まで踊りっぱなし、2時間のステージはホントにあっというまです。

 

ダブっぽい曲も良かった

途中「KOO」さんがピアニカエコーかけてダブっぽくやってた曲がすごく気持ちよかった。

 

最後は「聖者の行進」

アンコールの「聖者の行進」は定番かと思いますが、彼ら独特のグルーブって感じで盛り上がりました。

リズム隊はベースドラム(大太鼓?)の人「アントン」さんと、スネアドラムの人「OJI」さんのみで、いわゆるドラムセットは何曲かを除いてほとんど無し。

ベースもなし、ベース音域はスーザホーン

それで(ホーンだけで)こんなに「乗れるっ!」ライブが出来るのかとびっくり。

かなり衝撃を受けました。

みなさんも「Black Bottom Brass Band」のライブにすぐ行こう!っと言いたいところですが、この神戸チキンジョージでツアーは終わりらしいです。おつかれさまでした。

でもライブやらイベントやら中心に活動されてるようなのでチェックしてみてください。

 

あの曲やこの曲も「Black Bottom Brass Band」

有名な曲も世に出されているようで、「あるある大辞典」のテーマ曲や、最近では
「JRA」のCM中に流れている曲「君と僕」も演奏されておられました。

1人1人個性的で、演奏もすばらしいメンバー7人さんですが、個人的にオススメはトロンボーンの「ヤッシー」さん。すごくアグレッシブなパフォーマンスでトロンボーンを「乱れ」吹いておられました。

 
 


 

ボコーダーが簡単!FL Studio 9 に新登場「Vocodex」

FL Studio 9」で新たに「Vocodex」が新登場ということで、試してみました。


敷居が高かったボコーダーサウンド

安価になった

ボコーダーといえば、その昔ボコーダー機器とシンセサイザーが別々に要りましたが、ハードのVAシンセ(バーチャルアナログシンセサイザー)等(Micro KORGMS2000,JP-8080等)にボコーダープログラムが搭載され、さらにソフトシンセにもボコーダーが登場、安価なボコーダーが使えるようになりました。

 

さらに簡単に

従来よりは使いやすくなってはいましたが、FL Studioにあった[Fluty Vocorder]は、左チャンネルにモジュラー(声)、右チャンネルにキャリア(シンセ音)をアサインしなくてはならないので、めんどくさいエフェクトでした。

しかし今回の「Vocodex」は、とても手軽にボコーダーサウンドを手に入れることが出来るんです!音声ファイルのチャンネルにエフェクトのようにアサインするだけです。

 

使い方

使い方は以下のリンクを参照

かなり詳しく使い方が掲載されています。↓↓

FL Studioファンクラブ:新プラグインVocodeXの使い方 その1。外部シンセルーティング編

やはり外部シンセをキャリアするフツウの使い方も出来るみたいですね。
この方の記事もすごく参考になります。↓↓

オバさんだってDTMしたいっ!☆期間限定☆:Vocodexで遊んでみた【遊ばれた】#1 ~まずはVocodexのみで~
丁寧に説明されています。

 
 

試してみる

過去に私が録音していた音声ファイル(曲名「カンジルママ」)をVocodexに通すことによりどのように変化するのか簡単に試すことが出来ました。

プリセット音だけでもかなり魅力的です。




元音


 
元の音声ファイルです。これだけだとダサダサですよね。

 



プリセット「chord」でシンセ音いろいろと


プリセットの[chord]でシンセ音をいろいろ変えてみました。(「FLUTY DELAY」、音程補正エフェクト「GSNAP」等使用)
僕の好きな「RAM RIDER」の「ユメデアエルヨ」みたいな音で、結構好みですね。

 



プリセット「drum」でシンセ音いろいろ


プリセットの[drum]でシンセ音をいろいろ変えてみました。(「FLUTY DELAY」、音程補正エフェクト「GSNAP」等使用)
元音がかぶってしまっていますが、[Modulator Pass Through Level]のフェーダーを「」にすれば完全に元音は消えます。これはいろいろと妄想が広がる音ですね。

 



プリセット「robot」でシンセ音いろいろ


プリセットの[robot]でシンセ音をいろいろ変えてみました。(「FLUTY DELAY」、音程補正エフェクト「GSNAP」等使用)
プリセットだけでも結構バリエーションが豊かで、創造力をかき立てられます。

 



プリセット「chord」,「Bright」で曲をミックス


これで、ディレイやリバーブを付加し、EQで整えればかっこよくきまるかな?ってことで最後にプリセット[chord]で[Bright]の音で曲のさわりの部分を組んでみました。

 



 
 

 まとめ

めっちゃ手軽にボコーダー音を手に入れることが出来て、プリセットである程度キャッチーな音が抑えられていて、非常に使いやすいと思いました。

ジェネレーターではなくエフェクターとして使うようなところもFLっぽくておなじみで、わかりやすいように思います。

メロディーを強調したいフレーズは以前のFluty Vocorderのようにシンセ音を打ち込んでキャリアにした方がうまくいくかもしれません。

しかしこんなに手軽にボコーダーを使えるのは、かなり、かなり、便利だと思います。
私の非力なボーカルもかっこよく聞こえて来るような気がします。





 

AKAI MPC2000XL CF化&SDHC化 (組込み編)

 
前回の「MPC2000XL CF&SDHC化に挑戦」に引き続き、PART2はカードの組込みです。

 


 

SDHCを組み込む

CFにするか?、SDHCにするか?私は迷わずSDHCにしました。何よりもGB単価が安価です。

 

あまりおすすめの方法ではない

私は今回手持ちの5インチ~3.5インチマウントベイや、3.5インチ~2.5インチ変換金具を使用しましたが、かなりの加工&労力を要しました。

そのためこの方法はあまりおすすめできるものではありません。

行き当たりばったりの浅はか計画でも、何とかなるもんだという参考程度でご覧ください。

 

おすすめの方法は?

おすすめは、要らなくなった3.5インチ内蔵のZIPやFDのケースを剥ぎ取り、穴あけ加工してスペーサーで浮かしてカードを取り付ける。これがベストかと思われます。

※ 尚この作業は各自の責任ででお願いします。機器を改造するとメーカーの保障や修理が受けられなくなる可能性もあります。

 
 

用意したもの

 

マウントアダプターに付いていたアルミ板

今回使用したアルミ板の付いていた5インチ~3.5インチマウントアダプター。IDEのZIPドライブ購入時に付属していたものです。

↑アダプターから取外したアルミ板。今回コレを使用しました。

 
 

3.5インチ2.5インチ変換マウント金具


↑今回購入した3.5インチ2.5インチ変換マウント金具
SDHCカードを取り付けるための穴と、マウント金具とアルミ板を接続するビス穴をドリルで穴あけ加工又はタップ切します。

 

ハンドニプラー



↑今回アルミ板加工に大活躍した「ハンド・ニプラ」と言う工具。

アルミ板はほとんどコレで加工します。

1000円~2000円くらいで手に入ります。



 
(左)ニプラの刃の部分。

 

アルミ板の加工



↑アルミ板を食いちぎるように進みます。

↑加工完了です。

 
 

変換マウント金具取り付け

↑SDを挿入するとこんな感じ。これで容易に抜き差し出来るはずです。

 
 

内部に取り付け


↑内部に取り付け完了しました。

 
 

完成

 


 
裏蓋を復旧して完成。

いや、まだこの開口箇所に蓋が要りますねぇー。

アクリル又はアルミ板を短いタッピングビスで留めるか、MPC2000XLのプラスティックケースの部分に直接タップ溝を切るかすれば、蓋も完成すると思います。

PC用のブランクパネルは使えそうですが、着脱に手間がかかりそうです。SDHCメディアを取り替える必要が無い人は良いかもしれません。

 

AKAI MPC2000XL CF化&SDHC化

まだまだ現役 MPC2000XL

まだまだ現役です。AKAI MPC2000XL。
ZIPドライブでずっと使っていたのでMCD化できずにサポートが終了してしまいました。
最近PCのストレージデバイス用にIDE接続のCFカードやSDHCカードが売られています。
コレを利用してMPC2000XLをCF&SD化してみました。

MPC2000XLお手軽改造 ~FD&ZIPモデルユーザーに贈る~ がとても参考になりました。

■注意■ この記事を試す人は各自自己責任でお願いします。作業するときは電源ケーブルを必ず抜きましょう。基盤や電源周りには絶対に触れてはいけません。
ケーブルを抜いた後も充電している箇所がある可能性があります。
最悪の場合感電して死亡します。

 


 
 

OSバージョンの確認、アップデート

尚、この改造前にはMPC200XLのOSのバージョンを確認する必要があります。
FDDやZIPドライブのモデルのOSは1.14以下である可能性があります。
OS ver.1.20にアップデートする必要があります。
ver.1.14では認識しません

 

アップデート方法

アップデート方法は、現在の環境のドライブディスクにダウンロードしたOSのファイルをPC内でコピーし、MPC200XLのSHIFT+LOADコマンドOSのファイルをDO ITすればOSをアップデートできます。

2018/10/7  追記:現在サポート終了してるっぽいです。OSダウンロードできません。

購入したもの

今回購入&調達した部品です。
  • CF変換基板
  • CFカード
  • SD変換基板
  • SDカード
  • 44pin-50pin変換IDEケーブル

CF変換基板

世田谷電器 CF変換基盤44ピン宇奈根 AR-IDE2CF442とエプソンのデジカメに付属していたCFカード

 

SD/SDHC変換基板

↑SD/SDHC→2.5inch IDE HDD変換カード(バルク)と東芝の8GBSDHC SD-K08G

 

44pin-50pin変換IDEケーブル


↑44pin-50pin変換IDEケーブル(ちょっと長すぎました。)

 

作業開始

 

ZIPドライブの取り外し

↑まずは裏蓋を開けます。右下についているのが今回取外すZIPドライブです。
44pinIDEケーブル電源4Pがつながっています。

 

CFカードを接続

↑ZIPドライブを取外したら、まずはCF化してみましょう。仮につないで電源ON。
ランプはついています。認識しているか見てみましょう。

 

CFカード認識



フォーマット画面に行くと16Mバイト認識されていることがわかります。

 

SDHCカードの接続

次はSDHCカードを試して見ます。

 
↑CFの時と同じように仮につないで電源ON。
こちらもランプがつきました。

 
 

SDカード認識を確認


↑フォーマットの画面。
SDHCカードも難なく認識しました。7962MBです。

 

CFかSDどちらにするか

8GBもの容量がホントに全部使えるのかは未確認ですが、ホントに使えるとなると、かなりのライブラリーを1枚のSDHCに収めることが出来そうです。
現在SDよりもCFのほうが信頼性や速度は良いようですが、MPC2000XLの場合、音声ファイルはメモリに読み込んでから使用するので、速さはさほど必要ではないし、信頼性もモータ駆動のZIPドライブに比べれば雲泥の差。

CFは単価が高いようなので、SDHCの方に軍配があがると思います。
次回はSDHCカードを実際に組み込んで見たいと思います。

「MPC2000XL CF&SDHC化に挑戦~組込み編」を見る。

 

追記:実際は何GB認識する?

0.99GBでした

2010/9/12 追記:(注意) 次回「組込み編」にコメントされた方より、実際は何GB認識するか?との質問がありました。私はその後の検証を忘れ、200MB~300MBくらいしか使ってませんでした。
やっと先日検証しましたところ、MPC2000XLでフォーマットしたSDHC(TOSHIBA SD-K08G)をPCに差込んだところ0.99GBしか認識されていませんでした。PC内のWAVファイルをコピペしても、やはり入るのは0.99GB以下でした。
PNYのマイクロSD2GBでも試しましたが、結果は同じ。1GB弱しか認識しないようです。 ご指摘どうもありがとうございました。
そして8GBを期待して改造をされた方がいましたら、どうもごめんなさい。




初めての動画。編集作業に「ハマる」

うちの奥さんのウクレレです。たまに弾かしてもらってます。
ウクレレの音色はすごく癒されますね。
今回初めて動画をアップするにあたり、妙に凝ってしまいました。
音声は別で録音し、「ムービーメーカー」で編集。
ってあれ?、最後の20秒程に動画が記録されてなぅぃーーーっ!
まあいいか。っていうことでアップしました。



画像はデジカメの動画機能、音声はTASCAM DR-100で録りました。
それをWindows ムービーメーカーで合成、編集しています。

IMAGE-LINE FL-STUDIO

WINDOWS用のDAWとしては最近かなりメジャーになってきました。
ヨーロッパではダンス系のクリエイターやPC-DJなんかの人にかなりの人気らしいです。


本格的なDAW

標準搭載(私が買ったときはFL7XXLでした)のシンセドラムマシーン(追加でサンプルをダウンロードできる)、エフェクターだけでかなり本格的な音が作れます。
ステップシーケンサーの使いやすさが定評ですが、アップグレードによってオーディオの扱いにも十分対応してきていると思います。
私はテクノ、ハウス系も好きですが、アコースティックな音も好きという全く真逆な方向性の音楽ですが、どちらもこのFL-STUDIOで作ってます。

 
 

コスパ最強

リーズナブルな価格と生涯無料アップグレード(本家サイトでの登録が必要)がかなり魅力的。アマチュアミュージシャンの強いミカタです。

まあそれぞれの音楽に特化したDAWが他にもありますが、コストパフォーマンスはこのFL-STUDIOがピカイチです。生涯無料アップデートが続く限り使い続けようと思います。