クラシックギターにピエゾ素子を仕込みました。音質編

 
前回ピエゾ素子をクラシックギターに仕込んだので、今回は音を録音してみました。

 

ピエゾ素子の貼り付け位置



ピエゾ素子の貼付け位置です。↑

写真のようにブリッジ付近ネック付近
これはブリッジ付近で低音を多く拾い、ネック付近で高音を拾ってうまくブレンドしてやろうというもくろみ。
ブリッジ側、ネック側とも高音弦寄りに貼付けています。

 

録音しました




ピエゾ2個ブレンドした音

ステレオミニプラグ⇆ピンジャック×2のケーブルでミキサーのチャンネルに別々に入力し、それぞれのチャンネルのEQを調整し、ミキサーのステレオアウトをTASCAMのDR-100(ハンディーレコーダー)で録音しました。
PANはどちらもセンターで、ミキサー(YAMAHA MG16/6FX)内蔵のプレートリバーブをかけています。

ピエゾ2個 ⇨ ミキサー ⇨ EQ&リバーブ の音

ブリッジ側はモコモコな音に、ネック側はシャリシャリした音にEQを調整しています。
リバーブはブリッジ側の音のみにをかけています。




 
 

ブリッジ側ピエゾのみでアコギのエフェクター通した音(ライブで使用したセッティング)

比較としてギターシールドを使用(即ちブリッジ側のピエゾ出力のみ)してBOSSのAD-3(アコギ用エフェクター)を通した音を録音しました。

ブリッジ側ピエゾ ⇨ BOSS AD-3 の音

これは今回のピエゾ素子内蔵をする前に簡易的にライブ等で使用していたセッティングと同じです。
無音部分でノイズが結構聞こえますが、ライブ(弾き語り)では特に気になった事はなかったです。




ピエゾ1個の方が調整が楽

ピエゾ1個の音はやはり高音が欲しい感じがしますが、ピエゾ2個の方はかなり調整が必要そうです。
ピエゾ1個の方はAD-3のツマミ「BOTTOM」、「TOP」の2個のみで調整し易いです。

 

ピエゾ2個の方はもっといい音になるかも

逆にピエゾ2個の方はピエゾのEQ調整、それぞれのピエゾの音量のバランス、さらにはピエゾの貼る位置の調整もあわせると組み合わせは無限。調整が大変で労力も無限。

もちろんもっといい音になるかもしれない可能性も無限ですが...

 

まとめ

アマチュアのライブのリハーサルではギターの音質調整に時間を割くのも難しいですよね。
自分専用のアコギ用ギターアンプ持参ならある程度作り込めるかもしれません。
私はいつもPAのミキサーにAD-3経由で渡し、フロントスピーカーから音出してもらうので難しいかも。
ステージの足元に小さいミキサー(パッシブミキサーもあり?)を置いてそれぞれの音をEQで調整してからPAに渡すという方法もあります。

 

クラシックギターにピエゾ素子を仕込みました。製作編

内部に仕込んでスッキリに

最近はクラシックギターでライブに出演したりするようになりました。

しばらくはピエゾ素子からのケーブルをサウンドホールから外に出して使っていましたが、やはり見た目がよくないです。

見た目スッキリにしようと内部に仕込んでみました。

 

さらなる音質の向上を目指してピエゾ2個に

何度かライブでも使っていて音質はなかなかなので、ついでにステレオ(TRS)タイプのジャックでピエゾピックアップを2個仕込んで音質の向上を目指してみました。

 

ヤマハG-80 に取り付け

今回改造したギターは
ヤマハの「G-80
実家の物置きで発見して以来使っていますが、調べてみるとかなりの年代物のようです。
おそらく製造から40年くらい経っています。当時の価格はなんと¥8,000


↑内部に仕込む前はこんな状態で使っていました。
電子部品店で購入したピエゾ素子をそのまま両面テープで表板の内側に貼りつけ。

 

ピエゾ素子にリード線を半田付け



↑こちらが日本橋の電子部品店で購入したピエゾ素子。確か数十円で購入しました。

ピエゾ素子の極性

実は後で調べて解ったのですが、ピエゾ素子の真鍮側がマイナスらしいです。
どうゆう訳か逆につないで使用していたようです。
最初にどちらがいいか試したような記憶もありますが定かではありません。

 

配線材

配線はオーディオやビデオで使用するピン-ピンのケーブル部分を使用しています。


エンドピンジャック



 
↑今回購入したエンドピンジャックです。
楽器店通販で¥1,300程度でした。
分解するとこんな感じ。
外から締め付け固定できる構造になっています。


熱収縮チューブ

今回は半田付けの箇所の耐久性のために熱収縮チューブで全体を保護してみました。
購入したのは3Mのスミチューブ25φです。収縮前の厚み約0.6mm,収縮後約1mm。
多少分厚いので音に影響あるかもしれません。
出力が小さくなるかも。


エンドピンジャックの配線



TRSのTipにピエゾ1の真鍮側、Ringにピエゾ2の真鍮側Sleeveに両方のピエゾの内側を接続しました。
モノラルのケーブル(普通のギター用シールド)を繋ぐとピエゾ1のみ出力されます。
あとでわかりましたが、本当はプラス、マイナス逆でした。

 

配線完成

これで内部の配線の用意ができました。
作業がやり易いようにと、後でピエゾの貼る位置をどこにでも変更できるように配線を長めにしてあります。
貼る位置が完全に決まっていれば、最短にした方がいいと思います。


取り付け作業

 

エンドピンジャック用の穴あけ加工

穴あけです。12mmの木工用の錐が無くて、鉄工用のしかも13mm。
4mm、8mm、13mmと3段階で開けましたが、案の定ササクレが…


配線を通してエンドピンジャック取り付け



荷造り用の紐を呼び線として利用してエンドピンジャックを通します。

荷造り用のペラペラのビニル紐をジャック穴の方からサウンドホールに通し、エンドピンジャックとサウンドホール側のビニル紐をビニルテープで軽く巻いてつなぎ、ジャック穴側のビニル紐を引っ張りながらエンドピンジャックを内側から挿入、締付けます。

やっぱりササクレが付属のワッシャーでは隠れてくれませんでした。

 

ピエゾ素子を貼り付けて完成

後は両面テープでピエゾ素子を表板の裏側に貼り付けて固定。
やっと完成です。

ミキサーにつないで確認

とりあえずミキサーに繋いでピエゾからの音が出力される事は確認できました。
ピエゾ素子のプラス、マイナス逆の件は今の所問題ないようです。
低音のブーンというノイズが多少聞こえますが、ライブ等では気にならないレベルだと思います。
そのノイズもエンドピンジャックに触れるとピタっと修まるので、よほどの場合は何か対処できるはずです。
気になる音質は次回にでも。

次回 : クラシックギターにピエゾ素子を仕込みました。音質編

 

ナイロン弦買いました。

クラシックギターはいいよなー

クラシックギターがお気に入りでして、過去2回のライブはいずれも使用しています。
「ポロリ~ン」というスチール弦では出ない丸い音。リビングでマッタリ弾くにはぴったりなのですが、ライブでもこの感じ出したいなーって思って最近やってます。

 

ルックスで選ぶならブラックナイロン弦

2、3ヶ月前近所の楽器店で何気なく買ったアーニーボールのブラックナイロン弦。これがなかなかのルックス。「ブラック弦張るとかっこいいー!」となった訳です。

 

弦を張り替える

ワインドが傷んでほつれそうになってきたタイミングで張り替えることに。
正直、弦による音の変化とかにはあまり拘りもなかった(特にクラシックギターは…)ので、今回はブラックナイロンで結構安いコイツに決めました。

ダダリオのFOLK NYLON
Daddario EJ34

 

ボールエンドは弦張りやすい

この弦の特徴は、ボールエンドで弦を張りやすいです。
通常の巻き付けてサドル部に固定する方法とボールエンドは音も違うかな?

 


 

マルチタッチDJコントローラー[Emurator]

最近ブログの更新もさぼってるので何か書こうと思いまして...
一ヶ月ほど前ですが、YouTubeですごいの見つけたので紹介します。

 

これはあがる!



これは「SmithsonMartin」ってメーカーの「 Emulator 」ってソフトらしいです。
プロジェクター投影型のタッチパネルとセットで使用しているようです。
タブレットPCでも使用できるようです。

2018/10/6 追記:現在はTouch Innovationsに社名変更しているようです。メーカーのサイトへ
 
Windows7で動作し、DJソフトの「Traktor2」を操るようですね。
これ見たときは1人でちょっと興奮してしまいました。

2018/10/6 追記:現在はMacにも対応し「Emulator2」というソフトになっています。
プローモーションも兼ねてなのか、ツアーで各地をまわっているそうです。
クラブでこれみたらめちゃアガりますよね、きっと。
未来のDJって感じしません?

「朗読と音楽」at Bar「アジト」

先日、御坊市のBar「アジト」で「朗読と音楽」と題して弾語りをやってきました。
その名の通り音楽(弾語り)と朗読のコラボです。
弾き語りは朗読とオーバーラップするような形を狙って、なるべく日本語の歌を選んでみました。
朗読担当は中学の同級生。寺山修司の詩をチョイスしました。
普段は司会や絵本の読み聞かせ、劇団など多岐に渡り活躍中の彼なのであります。
新しい試みで緊張&グダグダですが、新鮮な感覚と今後に続くアイデアも生まれてきたりして、私的にはまずまずのイベントになりました。
その模様です。

 


 
初めてナイロン弦のギターでライブしました。
実家で数年前に発見した30年以上前のヤマハのクラシックギター(当時の定価\15,000)です。
なかなかいい音がするので、リビングに置いていて暇があればポロリポロリと弾いてるヤツです。
そのギターにコンタクトピエゾ(電子部品店にて数十円で購入)を貼り付けてます。
BOSSのAD-3をつなぎ、そしてミキサーに。
あと、実験的にウクレレも持って行って同じようにコンタクトピエゾで弾き語ってみましたが、音もいまいち決まらないし、慣れないウクレレ演奏でどうも納得のいかない出来でした。次回リベンジしようと思います。

今回お邪魔したBar「アジト」さんは、御坊市の隠れた名物「せち焼き」が食べられるお店です。
私もせち焼き大好きです。ビールに良く合います。美味しいですよ。

 

SoundCloud の iOSアプリが出た

去年から「SoundCloud」っていうサイトを利用してるのですけど、今回「SoundCloud」のiPhoneアプリが出てすごく便利になったのでご紹介しようと思います。

 

SoundCloudは便利

SOUNDCLOUD_HOMEへ
SoundCloudホームです。

カリヤックのページへ飛びます
↑SoundCloud 私のページです。

 

WAVでクラウドに保存、共有できる

SoundCloudとは、その名のとおりサウンドをクラウドに置いといてシェア出来るんですね。しかもMP3とかだけじゃなくwav他、高音質のファイルが扱えるようです。それも無料で120分(たぶん3ファイルまで)置くことができる!

 

バンドの練習を録音して仲間と共有とか

わたしは主にバンドの練習を録音(レコーダーTASCAM DR-100)し、後からメンバー全員が確認できるようにアップロード。っていう使い方です。
本来は楽曲を製作しアップロードしたものをいろんな人に聞いてもらい、コメントをもらったり、別の人が手を加えたりなんかするような、SNSなんだと思いますが、私のような使い方でもすごくフィットしていると思います。

 
 

iPhoneアプリが出た

 

プレイバックの他、サウンドスケッチも

そして、このたびiphoneアプリが出たので使ってみました。
これが出るまではiphoneの標準ブラウザ「Safari」でサイトに接続し、プレイバックしていたのですが、このアプリはとにかくシンプルに使えて便利です。このアプリからiPhoneで直接録音することもできます。突然思いついたアイデアをボタン1つで録音、そしてSoundCloudにアップロード。何てこともできそうです。
 

日本語化を待つ

難を言えば日本語化されていないこと。登録のときにちょっと戸惑いました。
そのうち日本語に対応してくれることを期待したいですね。

[REC]をタップするだけですぐ録音開始
iphoneでカリヤックのページを表示しています

 

STOMPBOX

去年からなかなか当ブログ更新できてなくて気になってんですが、なかなかネタも時間もなくどうしようかと。
機材のレビューとかソフトのレビューなど徹底的に掘り下げてなんて思ってたんですがなかなか大変なものです。
ということでちょっとハードルを下げ、軽い話題でもちょいと書いていこうかと。
最近STOMPBOXなるものを購入しましたので、その報告まで。

弾き語りのときのリズム音に


一人で弾き語りなんかのとき、リズムが欲しいなぁなんていうときありますよね。
それで見つけたんですですが、どうでしょう?

 

まさにSTOMP BOXです

STOMPBOXというと一般的にはギタリストの足元に置くコンパクトエフェクター全般を指すみたいなんですが、このSTOMPBOX、まさにSTOMPする箱(BOX)ですね。

まだ一度も使ってないですけど、ミキサーにつないでヘッドフォンで聞くとボッ、ボッっとエレキギターのピックアップをたたいたような音が鳴ります。

 

開腹しました

気になったので開けてみました。



 


↑ジャック内の増幅回路

 

ギター用のピックアップ&回路でしょう

ギター用のピックアップアクティブ回路が仕込んであるようです。



↑画像左が電池ボックス、真中がピックアップ部、右がアクティブ回路とジャック部のようです。

 

プレイのバリエーションが増えるかも

最近ドラムレス(リズム楽器はジャンベやシェイカー)のバンドやってるんで、ベースドラムの音欲しいなーって思ってたんで試してみようと思います。
もちろん弾き語りでも試してみたいですね。バリエーションが広がるかなぁーなんて。

 

Gibson J-50のブリッジピンとサドルをTUSQに替えてみた

Gibson j-50のブリッジピンとサドルをTUSQに替えてみました。

 

お手軽カスタマイズ

 

ブリッジピンは取り替えるだけ

ブリッジピンのほうは少し値が張りますが、取り替えるだけなので手軽に音の違いを楽しめます。

結構音変わります。

TUSQ素材は結構硬いようでブリッジピンをまとめて手の中で振ると「キン、キン」って音がします。

 

安価です

両方で2千円ちょっと。



 
↑TUSQ製ブリッジピンです。¥1,500ほど。



 
↑こちらはTUSQ製のサドルです。¥600くらいでした。

 
 

サドルの選定

サドルはギターそれぞれに形状が違いますので、一番近い形、長さ、厚みを測って購入しました。

 


↑取外したサドルと、加工前のTUSQサドルです。

形状は良く似ています。2弦の部分が特徴的な形になっています。
この形が違うとオクターブピッチが合わなくなるんだと思います。

 

元の素材は?

もともと付いているサドル&ブリッジピンノ素材はよくわかりません。
ブリッジピンはプラスチックっぽく、サドルは牛骨かな?(裏に巣のような穴がありました)

 

サドルの加工

幅はほぼ同じで、そのままブリッジの溝に収まりそうです。
サドルの高さだけは削ります。

 

平らに削る

ブリッジの溝の底部(ピエゾのセンサー部?)があたる部分を平らに削ります。
正式なやり方はわかりませんが、サンドペーパーの上に小さなバイスで挟んだサドルをひたすら真っ直ぐをキープしつつ削りました。

ベルトサンダーがあればいいかもしれません。
でもどうしても手作業では真っ直ぐにならない気がします。プロはどうするのでしょうか?



 

弦高を低くしてみた

一応サンディング完了です。前より少し(1mm程度)低くしてみました。
弦を張りなおして完成!

 

音の変化

音は結構変わりました

 
 

生音

弾いてみた感じは音に輪郭が出る感じで、バランスもいいかも?って思いました。

 

録音した音

 
お詫び:ブログ引越しの際録音いた音源を無くしてしまいました。

元々の記事には録音した音源がありました。

 
録音して聴いてみると、以外と取り替える前の方が音が丸くて好みです。
というか、ブリッジピン、サドル両方取り替えた音は聴きづらい気が...耳に痛い。
少し低音足りないような。

 

まとめ

音の好みには個人差もありますが、自分で引いているときの音は心地いいです。
録音して聴いてみると好みではない音でした。
派手な音という印象。
中音域が出てきているのかもしれません。




 

泉佐野「36KR」でのライブイベントに出演しました。

2010年8月29日(日)約半年ぶりにライブに出演しました。
もう結成して12~13年になるユニット「エイジトケン」。
当時スタンダードなナンバーばかりをセレクトして始めましたが、その当時からレパートリーは全く増えず。
モチベーションも下がり、このままフェードアウトしてもおかしくない状態が続いてました。
しかし今回、新しい曲に挑戦でドキドキワクワクのライブに!

アコギのシステムも実は内蔵ピエゾ+マグネットピックアップを用意していましたが、結局セッティングがうまくいかず、Gibson J-50の内蔵ピエゾ→KORG DT-10→Roland AD-3での本番となりました。
BOSS AD-3とKORG DT-10



今回お店のマスターのご好意によりwifi環境をお借りすることができ、
USTREAMでライブ配信やってみました。
ライブ配信できたことはとても満足ですが、ライブの内容は、勢いに任せた真にお恥ずかしい内容となっております。反省しております。

TRSフォンケーブル自作「カナレL-4E6S」

PC(オーディオインターフェイス)のアウトからミキサーの入力のラインケーブルが不調(片方の音量が小さい)なのでケーブルを取り替えることにしました。
ちょうどマイクケーブルにしようと購入していたカナレのL-4E6Sとメーカー不詳のTRSフォンがあったので、ケーブルを自作してみました。

ミキサーの入力バランス入力ですが、E-MU0404のアウトは確かアンバランス出力なのでバランスケーブルを使う必要は無かったのですが、大は小を兼ねる、バランスはアンバランスを兼ねるということで作ってみました。

 

カナレ L-4E6S

定番のケーブルです。

被覆色は色々あるようです。

今回は黄色。

ライブやスタジオで忘れて帰ることがないように派手な色のケーブルを使うようにしています。




↑青、白ツイスト2ペアに網目のシールドが施されています。

 

TRSフォンコネクタ

T(Tip)、R(Ring)、S(Sleeve)の頭文字ですね。


↑メーカー不詳のTRSフォンコネクタ

 

ケーブルの端末処理

ケーブルの端末処理を行っていきます。

 

外皮を剥く

↑まずは外装被覆を剥ぎ取ります。
内側のシールド編線を傷つけないように、押し付けるように切れ目を入れて剥離します。

 




↑綺麗に剥けました

 

シールド網線をほぐす

シールド網線はケーブルのマイナス側に使用するので切れてしまわないように丁寧にほぐします。

↑シールドの編線をセンマイトウシのような先の細いものでほぐします。

ちょうど櫛でほつれた髪をとかすようにほぐしていきます。

芯線は2ペア(4芯)の構造になっています。

 

芯線を剥いて予備ハンダ

 
↑芯線の被覆をケーブルストリッパー等で剥き、先を少し捻って半田を流し込んでおきます。

こうしておくとコネクタ側の穴に線を通しやすくなりますし、半田付けの際付きやすくなります。

 

TRSフォンコネクタにハンダ付け

↑シールド線を繋ぐ穴が小さそうだったのでセンマイトオシでグリグリして少し穴を広げました。

 

少し曲げておく

↑こうしてコネクタの線取り付け部を少し曲げておくと、線をセットするとき入れやすいです。

 

ハンダ付け

ハンダ付けの前に袋ナットと保護チューブをあらかじめ挿入しておきます。

↑線を穴に通して折り返し、あまった部分を適当な長さに切断します。
あとは半田を慎重に流し込みます。

 

袋ナットと保護チューブを取り付け



 
↑あらかじめ通しておいたコネクタの袋ナット部分とナイロン製の保護チューブを取り付けます。

完成

L用R用で2本製作しました。



 

確認

線間の抵抗両端の導通を確認します。