OS Xでパーティションを追加したボリューム(NTFS)がWindows側で表示されないとき

前記事でHDDからSSDへの移行を行った時に、Bootcamp上のWindows7のデータ用のパーティションをOS Xのディスクユーティリティーで作成したのですが、Windows7を起動してもそのボリュームが何故か現れませんでした。
何度も消去し直したりしましたが、やはり現れません。
以下のページを参考にし、マウントするとボリュームが現れ、読み書きできました。

参考記事↓
MAC(HFS+)のHDDを Woindowsでフォーマット(NTFS)する方法

 

やり方

「コンピュータ」を右クリックして「管理」

まずはスタートメニューから「コンピュータ」を右クリックして「管理」をクリックします。



 

「ディスクの管理」

管理ウインドウから「ディスクの管理」をクリックします。
全てのボリュームが見えています。



 

ディスクをマウント

ディスクごとに区切られていますが、左のディスクの名前の左にあるディスクのアイコンに赤い印が付いているので、クリックしてマウントさせます。
画像はマウント後のものです。

 

確認

再度スタートメニューからコンピューターを開いて、ボリュームが現れていることを確認します。

 

まとめ

「コンピュータ」を右クリックして「管理」というのは知りませんでした。
途方に暮れていたのですが、以外と簡単に解決しました。

 
 
 

iMac late 2013で突然電源が落ちる不具合→治りました。

症状

うちのリビングには21inch iMac late 2013があるのですが、ある日突然iMacの電源が知らない間に切れているという事象が発生しました。
何かアプリを立ち上げて作業している時ではなく、起動して放っておくと知らない間に電源が切れているようです。
最初はコンセントプラグの接触等を疑いプラグを抜いたり差したりしました。
すぐ抜き差ししても電源ボタンで起動せず、抜いてしばらく(10~20秒だと思います)してからコンセントプラグを差し込むと電源ボタンで普通に起動することがわかりました。
ググると結構そんな事象が起こるようです。
内部の電源ユニットの不良等もあるようなので、最悪の場合は修理に出すはめになることも覚悟しました。

 

NVRAM/PRAMクリアで治った

うちの場合は以下のページにある「NVRAM/PRAMクリア」をするとあっさり治りました。

↓こちらのページがわかりやすいです。
iMac late 2012 (27インチ) 何の前触れもなしに、突然電源が落ちる異常 その2 (自力でなんとかしてみる 2)

 
 

Macbookproで1TBのHDD(Bootcamp含む)に新たに256MB SSD(システム+Bootcamp)を追加して1TBのHDD(データ用)+256MB SSD(システム+Bootcamp)に移行しました

作業の手順を出来るだけ順番どおりまとめました。
実際は行ったり戻ったり右往左往しながらなんとか移行できました。
ポイントはMacbay2とWincloneとSymboliclinkerとユーザーフォルダを削除出来るようにするターミナルのコマンドです。

お約束ですが、この記事は私の環境では移行できましたが、参考にされる方は自己責任でお願いします。

 

今回作業したMacの仕様

Macbook pro early2011
メモリ8GB
OS X yosemite

 
 
 

今回用意した物

Winclone4.4(1~2年前に¥3,000程で購入。アップデートしてで4.4に)
Macbay2(1年前に¥5,000程で購入。今ではかなりお安くなっていました)
SSD256GB(今回¥15,000程で購入)
USB外付けHDD3TB(今回¥12,000程で購入)
USBメモリ16GB(結果的には必要ありませんでした)
USBメモリ8GB(結果的には必要ありませんでした)
Windows7インストールDVD(Wincloneのバックアップから復元したので必要ありませんでした)

 
 

準備

MacとBootcampのバックアップをとる

今回新たに購入したUSB外付けHDD3TBにタイムカプセルでバックアップをとっておきます。
同じHDDにWinclone用のパーティションを作成しWincloneでBootcamp上のWindowsもバックアップしておきます。

何故かバックアップに失敗しますが一か八か次に進みます。(最後の復元時、起動前にCHKDISKが実行されました)


 

SSDの容量が少ないのでBOOTCAMPのパーティションを縮小

今回はSSD256GBにOS XとWindows7両方のパーティションを入れなければならないので、BOOTCAMPのパーティションを縮小させます。
Wincloneを開き、ツールからバックアップファイルを縮小できるのであらかじめ縮小しておきます。

↓このページを参考にしました。
Wincloneを使ってBootcampパーティションサイズを縮小するメモ
 
 

いよいよSSD内臓

Macbay2で新しいSSDと旧HDDを内臓

次にMacを終了させ、裏蓋を開けてMacbay2で今回新たに導入するSSDを内蔵します。
元々のHDDをMacbay2の方に、SSDはHDDが収まっていたところに取り付けました。

 
作業は慎重に。
画像はMacbay2の同梱物です。



 
 

内蔵後の作業

Macの移行

 

なるべくHDDにデータを移す

システム用SSDの容量を256GB以下にするため内蔵HDD1TB(今回データ用にする予定)にパーティション(名前はdata)を作りデータを移します。

 

Symboliclinkerでシンボリックリンクする

Symboliclinkerというソフト(プラクインソフト?)で右クリックから簡単にシンボリックリンクを設定出来るようにしておきます。
Music、Movies、Pictures各フォルダのシンボリックリンクを作成します。 元のフォルダはターミナルでゴミ箱に入れられない設定を変更してゴミ箱に。
最後にゴミ箱は空にします。

 
↓このページを参考にしました。
↓ターミナルのコマンドも掲載されています。
古いmacbookやwindowspcをssdにしたときの容量不足回避用メモ
同様にGoogleDriveやSky driveやDropboxのフォルダも移動してシンボリックリンクします。
これで、起動ボリューム518GBあったのが150GB程になりました。
更にライブラリフォルダにあるLogic、GarageBand、Audioの各フォルダもデータ用HDDに移してシンボリックリンク。
起動ボリュームは100GB以下になりました。
念のためこの辺りでバックアップしておいたほうがいいでしょう。

 

USBかSDカードにインストールディスクを作成(ネットワークからでも可か?)

USBかSDカードのメモリにインストールディスクを作成しておきます。(起動中のディスクはコピー出来ないお約束の為。ネットワークから起動出来るようにもなったようなのでcomand+R起動でもいけると思います)

 
 

新しいSSDをフォーマット

新SSDをMacOS 拡張(ジャーナリング)でフォーマットしておきます。

 
 

[option]押しながら再起動でシステムを新しいSSDに復元

optionを押しながら再起動してUSBメモリから起動(又はネットワークから起動)し、ディスクユーティリティーの復元タブで旧HDDから新SSDにシステムを復元します。
 
 

新しいSSDを起動

新SSDからの起動を確認します。
起動出来たら各ソフトを開いてシンボリックリンク関係がうまくいっているか確認します。
これでOS Xの領域の移行は完了しました。

 
 

BOOTCAMP(Windows7)の移行(Wincloneで復元)

ここからBootcamp領域のWindows7を復元していきます。
今回はBootcampアシスタントは使いません。

Bootcampのパーティションを作成

Wincloneで復元するだけなのでディスクユーティリティーでBootcampのパーティションを作成します。SSDを選択し、パーティションタブで+をクリックします。容量はWincloneでバックアップファイルをみると容量が
表示されているので、それより大きくします。フォーマットはNTFS,名前はBOOTCAMPで作成します。

 
 

Wincloneのバックアップファイルを復元

バックアップ&縮小しておいたWincloneのバックアップファイルを復元します。

復元が完了すれば、「option」を押しながら再起動して、新たに現れるWindowsを起動します。
Wincloneのバックアップ時に検証に失敗していたので、やはりすんなり起動とはいかず、CHK DISKが行われましたが、なんとかWindows7が起動出来ました。
CHK DISKはSSDの恩恵か、みるみるうちに進んで終了しました。


成功すればめでたく移行終了です。



 

 
 

DVDドライブを取り外すとWindows7をクリーンインストールできない?

Windows7をクリーンインストールする場合は内蔵のDVDドライブを取り外している為、一度データ用のHDDを外してDVDドライブを再度取付け、BootcampアシスタントからWindowsをインストールし、再びDVDドライブを取り外し、そこへまたデータ用ドライブを戻すか、最初からデータ用HDDを外付け用ケースに入れておき、起動ディスク移行作業とBootcamp領域の復元を済ませてからDVDドライブを取り外し、データ用HDDを再び内蔵させるという面倒な作業になると思います。
最初USBメモリからや、外付けDVDドライブからのWindows7のインストールを試みましたが、どちらも起動ディスクとして認識されないような状態でした。
再起動時に黒い画面にカーソルが点滅したままだったり、no bootable disk~press any keyなどと表示されてそれ以上先には進めませんでした。
今回解ったことは、Mac book pro early 2011のDVDドライブを取り外すと、Windowsのクリーンインストールができません。というかUSBメモリやUSB外付けDVDドライブを起動ディスクとして認識しません
 

まとめ

移行途中で後悔したんですが、これだけデータを他のドライブに移したりしてもBootcampでWindows併用となると256GBでは足りないです。最低でも後1万円程出して512GBゲットすればよかったです。
 
 

カポ買った。


クラシックギター用のカポばかりでフォークギター用が無いことに気ずいたのでアマゾンで購入しました。
なんと280円と超リーズナブル。
太陽商事より発売。
パッケージには「Debby」とあります。
謎のカポ。



 

早速試します。
アコギ用なのに弦を押さえるゴムの側がまっすぐでラウンドしていなくて不安でしたがちゃんと弦を押さえてくれてます。
安いので飛びつきましたが作りもしっかりしてますしバネがやたらと強くて安心感あります。
ゴムの幅がかなり広いのでクラシックギターも試してみましたが、これまたちゃんと使えます。
いい買い物したかも。



 

ピックギターってカッコイイ

ピックギターとは

最近、ピックギターというものが気になってまして、ネットで色々物色してます。
ピックギターってのは主に、アーチトップ&バックでセンターホールではなくFホールのアコギです。テイルピースが付いてたりします。
フルアコのピックアップ無しという方がわかりやすいでしょうか。
こういうギターは昔ジャズバンドの伴奏やビッグバンドで使われていたそうです。
ピックアップがないので後にフルアコやセミアコになっていったのでしょうね。
有名なところではギブソンのL-5、L-7、L-50など。これらはビンテージとして結構な高値で売られてます。
エピフォンにもトライアンフやゼニスというのが有りますが、これも現行ラインナップには無いようです。
国内メーカーでは茶木が有名です。
憂歌団の内田勘太郎さんが使用されているようです。
その他スズキやナルダンというメーカーの物も中古ギター店やヤフオクでちょくちょく見かけます。
どれもこれも中古やビンテージとなるとハイリスクで私には敷居が高い。
なので現在新品で売られているもので探してみました。

 
 

入手可能なピックギター

 

Godin 5th Avenue

まずは
Godin5th Avenue


カナダのメーカーで、テレキャスシェイプのエレガットで有名です。
これだけは楽器屋さんで試奏したことがあります。
結構小ぶりで上品。悪く無いけどこれといってインパクトも無いかなーという印象。値段は確か8~9万円だったと思います。

 
 

ギブソン L-7C

次にギブソン。

ギブソンのオフィシャルサイトにはL-7Cがラインナップされていますが、国内の販売店のサイトを探しても見当たりません。


でもL-7Cはボディシェイプがシングルカッタウェイなので私的に形が好みではありません。

 
 

K-ヤイリ P-3

K-ヤイリのP-3はボディが小ぶりなようです。fホールに特長があります。


私はギターのボディは大きい方がカッコイイかなーって思います。
お値段は税込10万円前後。

 
 

The Loar LH-300

最後は
The Loar(ザ・ロア)LH-300です。

 

お値段はかなりリーズナブルです。
形や色はギブソンのビンテージの物とよく似ています。上位機種でLH-500というのもあるようです。
しかし楽器店ではあまり置いていないよう。
あれば試奏してみたい。
お値段は超安い!
ネットショッピングで買っちゃってもいいかも。

Xaphoon pocket sax



ザフーン ポケットサックスを購入しました。
音はクラリネットに近いのでしょうか?
頑張って吹けるようになりたいです。

しかし初めてのリードの楽器ということもありなかなか音が出ません。
まずはドレミファソラシドを覚えようと一番低いドの音を出そうとするも全然ダメでいきなり諦めムードに。

ちょっと待てよとネットやYoutubeで調べているとまずは一番低いドではなく、もう一つ高いドの音から吹きなさいと。
そして深く咥えて上の前歯でしっかり噛む。
やってみるとなんと難なく音が出始めました。
早く何か曲が吹けるようになりたいです。

YouTube 観てると
この人↓のサマータイムがカッコイイです。



 
メーカーサイトは
ここ

メーカーの日本サイトは
ここ



BONGO CAJONキット Meinl MYO-BKJA 作ってみた

BONGO CAJONキット MEINL MYO-BKJA作りました。

 

仮組みは大事

まずは、ボンドつけずに仮組(コレ大事です)
実はコレを怠ったばかりに大失敗。
仮組したら鉛筆等でアイマークをいれることをお勧めします。
そしてボンドを注入。


荷締めベルトで固定

カホンを挟めるほど大きなバイス(万力)は持っていないので、ホームセンターで購入した荷締めベルトで固定


1日置いてからトップを貼付けて固定


ここでなんと側面の組み方が間違っている事が判明!
やはり仮組の時の確認不足でした。
しょうがないのでそのまま進めます。




サンドペーパーで仕上げてなんとか完成


仕上がりはなかなかいい感じにできました。

 
 
 

音は?

音の方はちょっと難しい印象。
何も考えずに叩くとただただポコポコと木の板を叩いている音。
しばらく叩いていると、スネアをブラシでこするように木の表面を手でこする音や表面の叩いて気持ちいい場所をさがしたりしてちょいハマりしてしまいました。
アコギとのちょいセッションなんかでも楽しめますが、コンデンサーマイクで近くで録って木の質感がする音ってのもいいかもって思いました。

 
 

BONGO CAJONキット

衝動買いで買ってしまったボンゴ・カホン・キット。
「MEINL」マイネル?って言うメーカーの物です。
まだ手つけて無いですけどそのうち...
製作は簡単そうですね。


こういう物ってそそられますね。
ジャンベとかカホンとか。
youtubeにこんな動画がアップされてます。


 

コヤブソニック2013

2013/9/16 コヤブソニック2013 に行ってきました。
コヤブソニックは初めて行きましたし、大きなフェスは全く行った事無い私ですが、感想を書いときます。

 

台風の影響

その日は台風の影響で東海から関東にかけて交通機関が麻痺状態。
アンガールズやら何人かの芸人が来れなくなったり、カジヒデキとサニーデイサービスの順番が逆になったりといくらか影響もあったようでした。
私も高速道路が使えず、混雑する一般道を2時間以上かけて行きました。

 

どやった?

屋内での開催は初めてという事でしたが、ライブを見る環境としては、暑さや雨を凌げて快適ではありました。
音も後ろの方でもしっかり聞こえていて気持ちいい音でした。
でも野外フェスの開放感というのは全くないですね、当たり前ですけど。

 

飽きさせない構成

まあこのイベントの性格を考えるとコレでいいのかもしれません。
というのも、出演バンドがポップでキャッチーなのが多くて、1バンドの持ち時間が非常に短い(3曲か4曲だったと思います)。あいだにコヤブさんとRGさん、宇都宮まきさんのMCが入るので、良くも悪くも飽きさせない。わりと長時間の観覧に耐えうる舞台構成なのです。

逆にいうとお目当てのバンドにどっぷり浸かって汗ダラで踊りまくるっていう性格のイベントではないんですね。
バンドによってはもっと長く見たいなぁってのもあるんですけどねぇ。
それだったら他のフェス行けよってことになるんですけどね。

あと吉本新喜劇はほぼ総立ちでしたね。大阪ならではです。

 

出演者ごとの感想

私は「レキシ」「Your song is good」「スチャダラパー」「ハナレグミ」「ビッグポルノ」等を見ましたが、大御所のスチャダラやハナレグミはやっぱり流した感がありましたね。時間が短いし、コレくらいでどうでしょう?って感じでしょうか。もちろん十分楽しめたんですが、お目当てでしたし、もっと見たかったなーというのが正直な感想です。
ハナレグミなんて1人でギター弾き語りでしっとり歌っちゃって、「あれっ?もうおわり?」って感じでした。もうちょっと時間があるよっていうんで最後にもう1曲やってくれましたが、やっぱりもっと見たかったですねー。

 

「YOUR SONG IS GOOD」が良かった

初めて聴いたんですが、「YOUR SONG IS GOOD」
彼らがかなりかっこ良かったです。
ギターがアルペジエーターのようにエンドレスにループし続けてたり、リズムとパーカッションが軽快で気持ちよく、トロンボーンがスパイスで効いてます。今回はほとんどインストの展開したりする曲だったんで野外フェス向きなバンドだなーって思ったんですがiTunesで視聴してみると唄ものも結構あるようですね。
全体的にいい感じで楽しめましたが、とにかく長丁場で疲れました。

 

フォントの問題はなんとか解決しました。FL Studio Mac OS X BETA

問題解決

なんとかFL Studio Mac OSX BETの『フォントが無い』問題が解決しました。
フォーラムでは「[ /Users/USERNAME/Library/Application Support/FL Studio/Bottles/flstudio/drive_c/windows/fonts ] に「Arial.ttf」のフォントをコピペしなさい。」と書いてあるようですが、USERNAMEの所は自分のユーザーネームに置き換え、言語が日本語なのでLibraryはライブラリ、Application Supportはアプリケーションサポートに置き換えて探していましたがFL Studio以降のフォルダが見つからず、なんで?無いじゃん!とあきらめていました。
 

「Application Support」フォルダをさがせ

しかしよく探すと「Application Support」フォルダ は存在したんですね。
それ以降のFL Studio/Bottles/flstudio/drive_c/windows/fontsもちゃんとありました。
そこにArial.ttfをコピーしてFL起動するとあっさりフォントが現れました。
もちろんターミナルで隠れているファイルを現すコマンドも入力して見えるようになっていたんですが...
思い込みって怖いですね。


画像を見てもらうと解ると思いますが、「ライブラリ」フォルダが2つあります。
下方の色の薄い方はクリックしても開きません。左にある▶マークをクリックすると...
ありましたね、お目当てのフォルダが。
フォーラムにもそんなフォルダ無いよーっていうトピックも見受けられましたが、おそらくそういうことだと思います。
ここでつまづいている人も意外と多いかもしれませんね。

 

見れないファイルを現わせる方法

ターミナルを開く コピペする→defaults write com.apple.Finder AppleShowAllFiles YES returnキーを押すaltキーを押しながらファインダーのアイコンを右クリック 再度開くを選択する
ああ、やっと来たよの「FL Studio Mac OSX
まだBETA出たばかりですけど期待したいですね。