ピックギター Loar LH-300 いきなりボディに穴開けてピックアップ取り付け

ピックギターを購入

昨年の暮れのことです。
以前ピックギターのデザインに憧れていろいろ探していたんですが
(以前のブログ「ピックギターってカッコイイ」はこちら)、価格が安いこともあり、思い切ってLoar(ロアー)のLH-300をネットでポチりました。
購入前からピックアップの取り付けは考えていたのですが、ライブが近いこともあり、慌ててピックアップを購入し、取り付けることにしました。
ネックにビス止めしたり、ボディに穴を開けたり、結構ワイルドな作業で、しかも失敗や反省点も多々あったので記録しておきます。
素直にピックアップが付いたジャズギターのようなタイプにしておけばよかったのかもしれませんが、やっぱりあのカッタウエイのないボディシェイプが好きなんですよね。

 

ピックアップを選ぶ




取り付けたピックアップはKENT ARMSTRONG ( ケントアームストロング ) のHJGN3 Chrome です。
ネックに取り付けるタイプです。
黒いボディのものが欲しかったのですが、在庫がなく、やむを経ずクロームメッキの物を購入しました。

ピックアップを仮にネックに合わせます。
この時ビス穴の位置とフレットの位置をよく確認しないとねじ込んだビスがフレットの根っこに当たってフレットが浮き上がってきたりします。
(私は一応確認して、大丈夫と判断しましたが、実際ねじ込むとフレットが浮いてきてしまいました(T^T)。なので取り付けビスは左右1本づつのみになりました。)

 

ピックアップにリード線をハンダ付け


ピックアップにリード線をハンダづけします。
横着してホールドする治具を使わなかったのでかなりむさくるしいハンダ付けになってしまいました。

 
 

ボディーに穴を開ける(配線用とジャック用)


いよいよボディに2箇所穴を開けます。
ピックアップの真下にリード線を通す穴とテイルピースのちょっと右側(演奏している状態だと下側)にジャックを取り付ける為の穴です。


ジャックは直径12mm程あるので下穴を開けた後リーマで広げていきます。



 

配線を通してピックアップ取り付け

ピックアップの真下に開けた穴からFホールにピックアップのリード線を引き出して、ネックにピックアップを取り付け、Fホールから出したリード線をジャックにハンダ付けします。
Fホールからジャック穴に呼び線(細めの電線等がいいでしょう)を通し、ワッシャ類も忘れずにセットし、呼び線でジャック穴にジャックを誘導して取り付けます。

 

ノイズがひどいので…

これで完成!っとアンプを通してみると、ハムノイズのようなノイズがひどくて使い物になりません。(T_T)
ピックアップを触るとノイズが出ないので、とりあえず応急処置としてジャックとテイルピースを電線でつなぎました。
とりあえずこれでライブに出るしかないです。
急いで作業するとロクなことはないですね。
それとクロームメッキのピックアップがやっぱり気に入らなくて黒のカッティングシートを貼り付けました

 

完成


一応完成。
黒いカッティングシートを貼ったのでピックアップがほとんど目立たず、なんとか満足な仕上がりになりました。
ギター本体が安価だと思い切ったことできますね。
いろいろ失敗ばかりでしたが今のところ一番のお気に入りギターになりました。

 

ピックギターってカッコイイ

ピックギターとは

最近、ピックギターというものが気になってまして、ネットで色々物色してます。
ピックギターってのは主に、アーチトップ&バックでセンターホールではなくFホールのアコギです。テイルピースが付いてたりします。
フルアコのピックアップ無しという方がわかりやすいでしょうか。
こういうギターは昔ジャズバンドの伴奏やビッグバンドで使われていたそうです。
ピックアップがないので後にフルアコやセミアコになっていったのでしょうね。
有名なところではギブソンのL-5、L-7、L-50など。これらはビンテージとして結構な高値で売られてます。
エピフォンにもトライアンフやゼニスというのが有りますが、これも現行ラインナップには無いようです。
国内メーカーでは茶木が有名です。
憂歌団の内田勘太郎さんが使用されているようです。
その他スズキやナルダンというメーカーの物も中古ギター店やヤフオクでちょくちょく見かけます。
どれもこれも中古やビンテージとなるとハイリスクで私には敷居が高い。
なので現在新品で売られているもので探してみました。

 
 

入手可能なピックギター

 

Godin 5th Avenue

まずは
Godin5th Avenue


カナダのメーカーで、テレキャスシェイプのエレガットで有名です。
これだけは楽器屋さんで試奏したことがあります。
結構小ぶりで上品。悪く無いけどこれといってインパクトも無いかなーという印象。値段は確か8~9万円だったと思います。

 
 

ギブソン L-7C

次にギブソン。

ギブソンのオフィシャルサイトにはL-7Cがラインナップされていますが、国内の販売店のサイトを探しても見当たりません。


でもL-7Cはボディシェイプがシングルカッタウェイなので私的に形が好みではありません。

 
 

K-ヤイリ P-3

K-ヤイリのP-3はボディが小ぶりなようです。fホールに特長があります。


私はギターのボディは大きい方がカッコイイかなーって思います。
お値段は税込10万円前後。

 
 

The Loar LH-300

最後は
The Loar(ザ・ロア)LH-300です。

 

お値段はかなりリーズナブルです。
形や色はギブソンのビンテージの物とよく似ています。上位機種でLH-500というのもあるようです。
しかし楽器店ではあまり置いていないよう。
あれば試奏してみたい。
お値段は超安い!
ネットショッピングで買っちゃってもいいかも。

Xaphoon pocket sax



ザフーン ポケットサックスを購入しました。
音はクラリネットに近いのでしょうか?
頑張って吹けるようになりたいです。

しかし初めてのリードの楽器ということもありなかなか音が出ません。
まずはドレミファソラシドを覚えようと一番低いドの音を出そうとするも全然ダメでいきなり諦めムードに。

ちょっと待てよとネットやYoutubeで調べているとまずは一番低いドではなく、もう一つ高いドの音から吹きなさいと。
そして深く咥えて上の前歯でしっかり噛む。
やってみるとなんと難なく音が出始めました。
早く何か曲が吹けるようになりたいです。

YouTube 観てると
この人↓のサマータイムがカッコイイです。



 
メーカーサイトは
ここ

メーカーの日本サイトは
ここ



BONGO CAJONキット Meinl MYO-BKJA 作ってみた

BONGO CAJONキット MEINL MYO-BKJA作りました。

 

仮組みは大事

まずは、ボンドつけずに仮組(コレ大事です)
実はコレを怠ったばかりに大失敗。
仮組したら鉛筆等でアイマークをいれることをお勧めします。
そしてボンドを注入。


荷締めベルトで固定

カホンを挟めるほど大きなバイス(万力)は持っていないので、ホームセンターで購入した荷締めベルトで固定


1日置いてからトップを貼付けて固定


ここでなんと側面の組み方が間違っている事が判明!
やはり仮組の時の確認不足でした。
しょうがないのでそのまま進めます。




サンドペーパーで仕上げてなんとか完成


仕上がりはなかなかいい感じにできました。

 
 
 

音は?

音の方はちょっと難しい印象。
何も考えずに叩くとただただポコポコと木の板を叩いている音。
しばらく叩いていると、スネアをブラシでこするように木の表面を手でこする音や表面の叩いて気持ちいい場所をさがしたりしてちょいハマりしてしまいました。
アコギとのちょいセッションなんかでも楽しめますが、コンデンサーマイクで近くで録って木の質感がする音ってのもいいかもって思いました。

 
 

BONGO CAJONキット

衝動買いで買ってしまったボンゴ・カホン・キット。
「MEINL」マイネル?って言うメーカーの物です。
まだ手つけて無いですけどそのうち...
製作は簡単そうですね。


こういう物ってそそられますね。
ジャンベとかカホンとか。
youtubeにこんな動画がアップされてます。


 

GIBSON J-50 の内臓を取り出してみました。

GIBSON J-50のピックアップシステム

 
先日購入したアンダーサドルピエゾ(B-BAND UST22R)を使用すべく、先ずは参考にする為GIBSON J-50に元から内蔵されているピックアップシステムを取り外してみました。

 


 
コレがそのシステムです。

ジャックピンから配線が3本出ていて、それぞれ9V電池(006P)、ボリューム、センサー部に繋がっています。
ジャックピンに内蔵されたプリアンプで信号を増幅しているようです。

 

プリアンプ部

ジャックピンにはL.R.baggs elementのロゴ
あまり知りませんでしたが、ググるといろいろ出てきます。
有名な商品のようですね。

 

ジャック内部の基盤

これがその内部の基板です。
複雑そうなのであまり参考にはならなかったです。
とにかくココで信号を増幅していると思われます。

 

ボディ内部の様子


取り外す前の内部の様子です。
サウンドホールからブリッジ、ジャックピンが見えます。

 

電池

ネック側に電池が仕込まれています。

 
 

サドル部分

サドルの下のピエゾが見えます。
両端に穴が空いていて下から入ってまた他方の穴から先端が中に戻っています。
さて、BーBand UST22R用のプリアンプどうしたもんでしょう。

買うかな?

買えば1万円ちょっとなんですが…

 

自作コンタクトピエゾのやり直し

先日、「コンタクトピエゾの改修は大失敗」の記事にも書いた通り出力を大きくするつもりで行った作業が逆に小さくなってしまうという失敗をしたので、新たにコンタクトピエゾの取付をやり直しました。
今回も前回と同じサイズの35Φの物を使用しました。

 

コンタクトピエゾにリード線をつける

まずはコンタクトピエゾにリード線を半田付け。
リード線は前回と同様に家庭用のビデオやオーディオでよく使用されているピンーピンのケーブルです。
ピエゾ素子の中央の白い部分が熱で溶けて欠落し易いのでペーストも使用して慎重に且つ素早く、しかも確実に半田付けします。
もう何回もやっているのでずいぶん上手くできるようになりました。
ギター本体からジャック部分ごとピエゾを外して新しい物に付け替えます。

 

リード線とジャックを接続

リード線をジャック側と接続します。
線と線の接続も確実に半田付けします。
今回はコンタクトピエゾを1個だけ配線しました。
ジャック側の配線は1本遊ばせてあります。

 

コンタクトピエゾ補強

前回失敗したホットグルーガンを必要最小限に使用して配線を固定しています。

 

ギター内部に固定

今回使用した両面テープは
前回の「超強力」では無く、多用途の物。
少々強度に難ありですが、薄いので出力アップにはこちらかと。
外れていないか時々確認しながら試してみようと思います。
前回と同様に熱収縮チューブ等のカバーは無しで直接貼付けて出力重視でいきます。
でもなんか付けたり外したりコレばっかりやってる気がする...

 


 
 

YAMAHA サイレントブラス システム SB7-9

 
ヤマハのサイレントブラスシステム SB7-9を購入しました

早速使ってみました。

 

トランペットにつけます

トランペットに取り付けるとこんな感じです。

 

セット内容


ピックアップミュートPM-7とパーソナルスタジオ(専用のヘッドフォンアンプ兼プリアンプですね)ST-9のセットです。これにしょぼいイヤフォンも付いています。電源は9Vの乾電池を使用します。造りはプラスチックで結構チープです。

 

ST-9 各スイッチ、ノブ


ボリュームノブとヘッドフォン/ラインアウト、AUXイン、ピックアップミュート入力です。



OFF / ON / ECHO 切替スイッチです。

 


インプットレベル切替スイッチ(Lo/Hi)です。

 

ピックアップミュート PMー7


ピックアップミュートの外側です。



トランペットに差し込む側です。



中をのぞいてみました。奥で上から芯棒に向かってのびているのはジャックの部分です。



よくわかりませんね。分解とか気楽に出来そうにありません。ブラックボックスです。
案外単純な物だとは思うんですが...
あと、個体差か仕様かはわかりませんがピックアップ側のジャックをさわるとガリがひどいです。
この程度は練習するには支障ありませんが、ヤマハのサポートに問い合わせてみようかと思ってます。



 

トランペットやってみようかと

実は昨年の12月に思い立って、というか衝動的にトランペットを購入しました。
どうしてトランペットを始めようと思ったのか、理由というか私の中での心の経緯はいろいろあったのですが、やはり楽曲の好みがブラス系の入った音に傾倒して行ったことが一番大きいわけです。
今までだと、それじゃいっちょやってみるかっ!てなかなかならないのが金管楽器。
音が大きいというのが練習の時間を確保するネックになってました。
普通の住宅ではトランペットの練習はまず無理ですよね。
そう思っていた所にこのヤマハのサイレントブラスシステムを知りました。
これでトランペットやってみようかなって気持ちになりました。
これだと毎日でも練習できますね。
早く誰かとセッションしたい!と思う今日この頃。
もちろんそう簡単に吹ける物ではありません。
うーーん。道は遠いぞ。

ギタレレ YAMAHA GL-1DD

GL-1のディズニーモデル



 
ギタレレ欲しくなっていろいろ調べてたら偶然ドナルドダック柄の見つけて衝動買い。
型番の後ろにDDがついているのはディズニー、ドナルドダックの頭文字なんですね。

 

デザインがかわいい



 
ドナルドダックが人差し指(?)を横に振って「Nope!」って言ってます。

ちなみにミッキー柄もあるようですね。ミッキーが親指立てて「Yep!」って言ってます。
ミッキーバージョンの型番は「GL-1DM」です。

 

裏はこんな感じ。シンプルです。

 

大きさをくらべる


テナーウクレレと同じサイズ

大きさは画像でわかる通りソプラノウクレレよりひとまわり大きいですね。テナーウクレレと同等サイズだそうで、ハードケースなんかテナーウクレレ用が使えるらしいです。
クラシックギターと比べるとかなりコンパクトなのがわかります。

 

弦は何を使えば?


弦は普通のクラシックギターのナイロン弦を使用します。
チューニングはクラシックギターよりも2音半高く、つまり普通のギターで5フレットにカポをはめた状態の音ですね。

 

ヘッドとペグ


ペグやヘッドの大きさははクラシックギターと同じくらいでしょうか。

ペグはクラシックギター用の物を使ってそうです。

 

ヘッドの裏に販売許可シールが貼ってあります。かわいい。

 

弾き心地

ネックは結構細く、フレットも狭いので演奏時は両手共きゅうくつです。
複雑なオープンコードの時にフレットの狭さを感じます。
アルペジオは慣れるまで右手が難しそうです。
逆に手の小さい人や子供は弾きやすいでしょうね。
Fなどのバレーコード(ギタレレのチューニングではA#)は普通のギターよりも楽にバレーできます。

 

音色

気になる音の方ですが、音量は普通のクラシックギターと比べると結構小さいです。
各弦のバランスはなかなかだと思います。コードを親指でポロロロンと弾いた音は綺麗に響きます。
ウクレレよりもアタック感の小さい落ち着いた音のように思います。

 

いろんなところに持って行きたくなる

しかしこんなにかわいいデザインのギタレレがあったとは今まで知りませんでした。
これでライブすれば人気者になれるかも?
ライブ以外にもこれからの季節、花見やバーベキューで活躍できるといいですねー。
でもライブで使うにはやはりコンタクトピエゾの内蔵が必須でしょうね。

 


 

「あのクルクルするやつ何処いったっけ?」の名前

部屋の中をいくら探しても見つからないので「クルクルするやつ」購入しました。
名前がわからなかったので探すのがちょっと手間でしたが、ギターアクセサリーのカテゴリー探せばありますよね、普通。

 

 
 

「ストリングワインダー」またの名を「アルトベンリー」という

ARIA(アリア)のAW-1。
ストリングスワインダーという物のようです。
別名「アルトベンリー」だそうです。
ドラえもんの道具みたいですね。

 

ナイトフベン?

私の実感では「ナイトフベン」って感じです。
「アルトベンリー」をググってみるととてもたくさんヒットしますね。
「アルトベンリー」という名前は一般的に使われてるみたいです。
ギャグのつもりで書いた「ナイトフベン」でしたが、いろんなブログとか見てみるとベース用だとか「アルトベンリー」の別名だとか出ています。

検索結果よく見てみると同名の全く違う商品もチラホラ。
そりゃそうですよね、ネーミングが抽象的すぎる。
しかし面白い名前ですね。