Roland VS-880 CF内蔵

 
おそらく10年くらいは経過しているであろうVS-880。
使用頻度は多くないのでまだまだ使えそう。
CFカード内蔵で容量アップ&静音&高安定化させます。


 


 

CF-IDE変換アダプター

 
↑今回購入した STRATOS CF-IDE変換アダプター 2.5インチのハードディスクをそのまま交換できる形状なので改造は容易でした。
44pinです。

 

既存のHDD取り外し



 
↑これが純正のHDD
2.5インチよりも薄いHDD(1.8インチ?)を薄いアルミシートでくるんだだけのような頼りない構造でした。
ハードディスクスロットのカバーを開け、スロットを留めている2本のビスを外せばスロットを引き出せます。

 
 

既存の変換アダプタはそのまま流用

 


 
↑純正ハードディスクに付いていた変換カード
これをハードディスクから取外して使います。
HDP-88と表示が見えます。

 

既存のハードディスクケースを穴あけ加工

CFカードを簡単に入れ替え出来るように開口します。
頻繁に抜き差しすることが無ければそのままでもよいと思います。
そのままの場合はドライバーでビス2本を外し、スロットを抜き差しすることになります。

 

使用した工具

  • 電気ドリル(ハンドニプラー用の穴を開ける)
  • ハンドニプラー(ハンドニプラーで大まかに開口)
  • パイプ用リーマー(切り口を整える)

↑今回使用したリーマー

写真撮るの忘れましたがハードディスクが入っていたケースにドリルで穴あけハンドニプラーで大まかに開口、仕上げにリーマーで削り取りました。(カッターで削るより安全です)

 

↑穴あけ加工完了。

これでCFの入れ替えの手間が少し減ります。

 

ケースにCFカードをセット

 


 
スロットケースCF-IDE変換アダプターを装着、CFカードも差し込んで準備完了です。
CFカードの容量は2GBです。

 

スロットに挿入

 


 
いよいよVS-880にCFスロットを挿入します。

 

装着完了

 


 
装着完了です。
この状態でも何とかCFカードの入れ替えはできそうです。(ピンセットが必要かも?)

スロットを留めているビスを手で回せるビスに交換してみましたが狭すぎてビスをつまめず、結局元の+ビスに戻しました。因みにビスは3mmです。

 

スイッチオン

電源を入れます。

 
 


 

2GB認識できた

2GB認識しているようです。
44kHzMT2モード540分です。
マニュアルを見ると4GBまで認識するようです。

 
 

試しに録音

ためしに6トラックくらい録音してみましたが、まったく異常なし

 

マイク録音時に雑音なしで録れる

ハードディスクのように作動音もまったくなくメチャ静かです。
もともとファンも内蔵していないので全くの無音です。

 

安定性と耐久性

安定性も今のところ大丈夫です。
ハードディスクはいつか壊れるリスクがありますが、CFカードなら他の内部部品より先に壊れる可能性も少ないでしょう。
なので信頼性もばっちりです。

 

まだまだ使える

結構古い機材ですが、名器と言われたRoland VS-880です。
私が手にいれたのは5年ぐらい前で、確かヤフオクで¥15,000前後でした。
今でもたまにヤフオクでみかけますね。
今だと¥5,000くらい?ですかね。
手にいれた当時はテクノポップなユニットでライブをやってまして、オケのプレイバック用に使っていただけでした。

 

アコギや歌をコンデンサマイクでクリアに録る

今回引っ張り出してきたのは、アコギや歌を録音するときコンデンサマイクを使うとどうしてもPCのファンの音が入ってしまってクリアに録れないので、どうしたもんかと。...そうだ、VS-880だ!っと。
物置から出してきたもののVS-880もハードディスクまわってるじゃありませんか。PCよりは静かだけど...。

 

SP-808はCF化できず、MPC2000XLはCF化できた

そう言えばMPC2000だったかのCF化の記事どっかで見たよなーってググってみたら、VS-880でもやってる人がいるみたい。
他に所有しているSP-808とMPC2000XLも埃かぶり気味だったので、どれかに使えればめっけもんってわけで挑戦してみました。
結果的にはSP-808はダメでVS-880とMPC2000XLはCF化できました。

参考:MPC2000XLCF&SD化

 

DAWでミックスしたいけど

問題はミックスはDAWでやりたいので録音したファイルのをどうやってPCに取り込むかです。
何年か前まではVS-880で録ったファイルをWAVに変換するソフトがフリーで存在していたという噂ですが...。
今ではそういうソフトは見当たらないです。誰かそういうソフトがあったら教えてくれませんかねぇ。
現状1トラックずつアナログで録音し直すか、デジタルで録音し直すしかないですね。

 
MPC2000XL-CF MPC2000XLお手軽改造 ~FD&ZIPモデルユーザーに贈る~
↑参考にさせていただきました。

STRATOS CF-IDE変換アダプター

One thought on “Roland VS-880 CF内蔵

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    VS Wave Exportですね。VSで録音したデータを、まずスカジー外付けHDにコピーします。その外付けHDDをPCのスカジー端子に繫いで「VS Wave Export」を起動させるとVSフォーマットのHDDの中身が閲覧できます。任意のトラックを選んでPC内に取り込みます。スカジーなので高速です。私はVSに使えるスカジーHDDとPCのスカジーPCIカードをたまたま持っていたのでアプリを手に入れるだけで使えました。でもケーブルやらドライブやら一から揃えてやるだけの意味があるか、と考えると微妙なところです。
  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ありがとうございます!
    在ったんですね、知りませんでした。
    とりあえずインストールしただけなのでまだ使っていませんが、近いうちにに試してみたいと思います。
    記事にもありますが、私の場合はCFカードを差し替えるだけなので、結構手軽に使えるかも知れません。
    どうもありがとうございました。
  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    うちのも同じ機種です。
    ・・内臓HDDを装着してなくて、変換カードありません。
    で、分解するとSCSI-1(IDE形式の50pin)ケーブル出てたのですけど、2.5インチHDDを直接取り付ける変換コネクターとかあると、HDP-88っていうライズカードは必要ないように思えてまして・・。
    しかし確かにCFの方が静かそうですよね~。こちらのページとても参考になりました。
  4. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    うっぴぃさんコメントありがとうございます。
    確かに直接変換カードがあればHDP-88などは要らないですよね。
    私は未確認でした。すみません。
    うっぴぃさんは外付けHDD等で使用されてるんでしょうか?
  5. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    先日は、失礼致しました。m(_ _;)m
    外も内もドライブは、なくて、まだ模索中です。
    ・・やはり内蔵で検討中していまして、幅の広いSCSI-1(50pin)コネクターから、直接44pinへ変化するボード類は見当たらないようですね~。
    電圧側取り出して、IDEとかに変換できれば、ATAPIドライブもイケそうだし、内臓MOドライブとか制御できないものかと・・(汗)、BR-8もZIP100では容量不足感じていまして、いろいろと模索してる最中です。
    HDP-88、メーカーストックとか流出させてくれるとありがたいのですが・・(爆)
  6. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    オークションや中古店でHDP-88単体の入手は難しそうですよね。
    ローランドのサービスセンターに在庫は無いのでしょうか?
    あとジャンクのVS-880がHARD OFFで5百円とか・・・
    うーん、なかなか難しいですね。
  7. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    1.3GのSCSI-MO ドライブ内臓してみたのですが、正常に動作してくれているようですよ。
    ※ver3.205A UP済み
    ディスクの動作音もほぼ無音、レスも悪くないです。内部の50pinケーブルをSCSI側のコネクターに差し替えて、電力は、ファン用からとってみました。 
    ・・なんとかなるものですね(汗)。
    でも容量としてCF での4GBはとても魅力です。田舎住まいなもので、HARD OFFは・・ですけど、(Y・オ)気長に待ってみます(笑)。
    近くMY・ブログでもやってみる予定でいます。 いろいろ、ありがとうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です