コンタクトピエゾの改修は大失敗

大失敗の巻

クラシックギターに取り付けたコンタクトピエゾの音量がエレアコなんかと比べると結構小さいので、大きくしようと改修する事にしました。しかしコレが大失敗! 改修する前よりも音が小さくなってしまいました。
以下に事の顛末を記します。

熱収縮チューブをなくす


より多く振動をひらう

コンタクトピエゾの半田接続部の補強に熱収縮チューブを使用していましたが、これを直接貼付ければもっと振動を拾えるのではないかと考え、熱収縮チューブを外す事に。
強力両面テープで取り付けていたのでギター内部の一部も一緒に剥がれてしまってるのがちょっと気になります。


熱収縮チューブをはがすとこんな感じに。半田も一緒に剥がれてしまいました。これが大失敗の元凶。

 

再び半田を仕上げて補強のためにグルーガンで固めてみました。

 

グルーガンやりすぎ


これで半田部分が外れる事はほぼ無くなったわけです。
この写真でもたくさん接着剤をたくさん盛っていますが、さらに全面にグルーガンで盛りました。
そして新たに両面テープでギター内部に仕込み直して音出し。

・・・なんと!前より音が小さくなっているぅ!!
大失敗です。

 

ピエゾ素子の原理を考えてみると

よくよく考えるとピエゾ素子の原理では、金属板と圧電素子の反りにより電圧の変動を生んで云々...
つまりピエゾ素子の振動を抑制するような処理はNGなのです。
いい勉強させていただきました。
グルーガンで用材がニョローと出て来るのが気持ちよくて、ついついやりすぎてしまうんですよねー。

 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です