2段式ピザ窯の設計図

【2段式】ピザ窯作るぞ!その1【ピザ窯の設計図を大公開】


ピザ窯を作るに当たって設計図を作りました。
未だレンガを積んだこともなく、私の脳内だけで描きましたが、これでピザ窯製作を進めていこうと思います。

ご利用は自由ですので是非ピザ窯を作ってみてください。
素人が描いた設計図ですので、何かやらかしているかもしれませんし、そもそもこの通り出来たピザ窯自体の性能は全くわかりません。

初めてピザ窯を作ってみようかなって思っている方には、レンガの大きさや種類、必要個数等がイメージできて参考にはなると思います。

ピザ窯設計図

↓ピザ窯設計図.pdf

pizza-oven-v1_0

 

ダウンロード

↓PDFは以下からダウンロードできます。

“2段式ピザ窯全体図PDF” をダウンロード pizza-oven-v1_0.pdf – 8 回のダウンロード – 60 KB


 

↓DWGファイルは以下からダウンロードできます。

zip形式で圧縮していますので解凍して開いてください。

“2段式ピザ窯の設計図DWG” をダウンロード ピザ釜01dwg.zip – 8 回のダウンロード – 96 KB


 

DraftSightで製図

[DraftSight]という[AutoCAD]互換の CADを使用しました。

細かい部分の寸法を調べたり、自分の好みのピザ窯に編集したい場合は、上記ダウンロードでDWGファイルをダウンロードして、[AutoCAD]か[Draftsight]で編集できます。

[AutoCAD]でももちろん開いて編集できますが、[DraftSight]は無料で使用できるのでおすすめです。

DraftSightのサイト(ダウンロードページ)

 

課題

ドーム部のレンガを積む際の型枠の製作をどうするか検討中です。

ベニア板とサン木で型枠を作ってもいいのですが、ちょっとめんどうだなと思っています。

両側の1段目のレンガを積んだ後、スミセラーボードを曲げてはめ込んでドーム型を作り、それにレンガを積んでいくとか。。。

 

ピザ窯 仮積み 正面

耐火煉瓦を積んだだけのピザ窯でピザ焼き実験【動画あり】


でかい耐火煉瓦



↓使用したのはかなり大きめの耐火煉瓦。
コレはウッドデッキの基礎石にも利用しました。



耐火煉瓦 大


耐火煉瓦を積んでいく



↓積み木のように適当に積んでいきます。
底部はピザが焼きやすいようになるべく段差がないように並べます。



ピザ窯底部 耐火煉瓦




いきなり完成



どんどん並べていきます。
ドーム型にするのは結構難しかったですが、なんとかできました。
なるべく隙間がないように並べます。
↓完成です。
30分もかからなかったと思います。



ピザ窯 仮積み 正面


↓後ろから
苔がラピュタ感を醸し出していていい感じの造形



ピザ窯 仮積み 後ろ


↓内部の様子



ピザ窯 仮積み 内部


早速火入れ



↓早速着火します。
最初は弱い火で徐々に温度を上げていくものらしいです。
耐火煉瓦を積んだだけの窯なのであまり気にせず木を燃やしていきます。



ピザ窯 仮積み 火入れ


↓いい感じに温度が上がってきていそうです。
本番の窯を製作するまでには放射温度計を購入して温度管理したいですね。



ピザ窯 仮積み 窯温度上昇


いよいよピザ焼きます



温度も上がってきてそうなのでいよいよピザを焼きたいと思います。
↓一応ピザ生地も手作りです。



ピザ 焼く前


ピザ 焼く前2


ピザ焼き実験の動画です




話題のMVMO(格安スマホ)を価格.comで比較してみた【通話SIM、データ5GB、10分カケホ】


更新月が迫ってきたのでiPhone7plusはそのままにSIMをMVNO(格安スマホ)に乗り換えて月々の携帯代を大幅に節約しようと思います。



記事はデータ約5GB10分カケホーダイSIM単体契約(スマホなし)の条件での比較になります。
条件が違うとキャンペーン割引額や、キャンペーン適用/否適用等がありますのでご注意ください。
キャンペーンは、期間が設けられていません。
本記事を参考される場合はご契約の詳細をご自身でご確認ください。



データ容量と通話条件



私はデータ容量5GB,音声通話は最低でも1回10分までの国内通話無料。
妻はデータ容量2GB,通話はあまりしないので通話の条件特に無しです。



価格.comで比較する



価格比較と言えば価格.comだと思い比較しようと思いましたが、色々細かい項目があり、データ容量によっても違いがあるようなので表にまとめてみました。(2019年1月17日作成)
(ダウンロードフリーですが、直リンクはご遠慮ください。内容に誤り、タイプミス等があるかもしれませんのでご注意ください。)



価格コムのキャンペーン



価格コムから申込するとキャッシュバックってのもありますので要チェックです。
2019年1月現在、「楽天モバイル」、「ヤマダニューモバイル」、「OCNモバイルONE」に1万円を超えるキャッシュバックがあります。



事業者ごとのキャンペーン



2019年1月現在、「ヤマダニューモバイル」は12ヶ月で最大¥21,600引、「Y!モバイル」は2年契約ですが月¥1,670の割引きがあります。



段階制のプランもある



面白いのが、日本通信とnuroモバイルの段階制プランです。
月ごとのデータ使用量にばらつきがある人はいいのかもしれません。



かけ放題はアプリが必要?



かけ放題で電話をかけるときは専用のアプリか電話番号の頭に指定の番号をつけて発信するという面倒なものもあります。



データ繰越はできる?



段階制のプランではもちろんですが、データの繰越ができないものがあります。



データシェア



データシェアは追加購入したSIM用のデータ容量に契約したデータ容量を充てることができる場合と、LINEのようにLINEアカウントを持っている人に誰でもデータをプレゼントできるようなものがあります。
SIMの追加料金も初期費用無料〜3千円台、月額¥108〜¥1188まで様々



データ追加の料金



データ追加時の料金も色々なパターンがあります。
100MB単位から500MB、1GBまで。
100MB/¥216(LinksMate)但し月一回まで。
500MB/¥410(DTI)。
1GB/¥518(DMM mobile)が最安だと思います。



プラン変更



大抵は無料でできそうですが、SIMサイズ変更の場合は料金が発生するようです。



最低利用期間と最低利用期間内での解約金



5ヶ月〜2年まで各社様々です。
LinksMateは最低利用期間無し(但しSIM削除料¥3,240/枚)です。
最低利用期間内での解約金は¥5,616〜¥10,584まで様々です。



公衆無線LAN



できるだけデータ容量を節約したい人は外出先で使えると便利ですね。
追加料金が必要な場合もありますので注意が必要です。



その他オプション



各社独自のオプションが多数ありますが、端末の修理代保障や留守番電話など必要な人は要チェックです。
ヤマダニューモバイル、OCNモバイルONE、U-mobileなどはオプションが豊富です。
ただ、せっかく携帯代を節約しようと思っているのにオプションを色々つけると月々の料金が上がります。本当に欲しいオプションだけ厳選したいところです。



Y!モバイルがいいかも



さて、私はどれを選ぼうかと考えてみると、最初は選択肢に入っていなかった(価格コムの検索では表示されなかった)のですが、「Y!モバイル」の「スマホプランM」がいいかなと思えてきました。
キャンペーン中の今だからこその選択肢かなと思います。



現時点ではY!モバイルのキャンペーンがお得



Y!モバイルのデータ増量キャンペーン(6GB→9GB)とSIM単体契約割り(−¥640×24ヶ月)とワンキュッパ割り(−¥1,080×12ヶ月)でかなりお得です。
さらに2台めから基本使用料が¥540割引されます。
さらに夜9時以降のタイムセールで請求額から¥5,000割引とか。
これはお得感が半端ないです。



Y!モバイルの注意点



今がお得のY!モバイルですが、注意するポイントが次の3点



  • 最低利用期間が2年間と長い(2年縛り)
  • 2年すぎるとキャンペーンがなくなり割高になる(乗り換え要)
  • ソフトバンクからの乗り換えだと割高になる(¥682高い)
  • データ繰越ができない
  • キャンペーンがいつまで続くかわからない


以上の点を納得すればかなりお得な選択肢になると思います。



まとめ



とにかく大手携帯会社からの乗り換えだと月々の料金がかなりお得になります。
電波状況や、通信速度などは使ってみないとわかりませんが、乗り換えてみる価値はあると思います。



我が家は2回線で月¥15,000以上でした。
それが¥5,000以下になりそうなのですから、月¥10,000、2年で20万円もの節約になります。



選択肢が多すぎて色々悩みますが、賢く自分にあったプランを選びたいですね。


【iOS】iPhoneのメモアプリを簡単に印刷する方法【Epson iPrint】

iPhoneのメモアプリで書いたメモをササッっと簡単に印刷する方法です。

一度PDFで保存するなどという面倒な手順は一切無し。

Air Printに対応していないプリンターを使う場合に有効です。

ただしフォントを大きさを変えたり、レイアウトを変更したりは出来ませんでした。

iPhone 7plusでiOS12.1.2
プリンターはエプソン PX-047A です。

やり方

  1. メモを開く
  2. エクスポートで[PDFを作成]をタップ
  3. メモアプリ内でPDFが開く
  4. エクスポートで[Epson iPrint]をタップ
  5. Epson iPrintアプリで印刷
以上です。

それではやり方を見ていきましょう。

メモをエクスポート

↓メモを開いたら右上のエクスポートボタンをタップします。

[PDFを作成]をタップ

↓ダイアログが開くので[PDFを作成]をタップします。

PDFをエクスポート

↓なんとメモアプリ内でPDFが開くので、左下のエクスポートボタンをタップします。

Epson iPrintアプリで開く

↓ダイアログに現れる[Epson iPrint]をタップします。

印刷設定

Epson iPrintアプリが開くとメモアプリで書いたPDFが読み込まれます。
↓プリンターがつながっていれば右下の[印刷]ボタンでそのまま印刷できます。

↓確認するには右上の設定(歯車)マークをタップします。

↓[完了]で戻ります。

印刷する

↓[印刷]をタップするとプリンターに転送され印刷が始まります。

できた印刷物

↓かなり字が大きくなってしまいます。

いろいろやってみましたが、フォントの大きさの調節はわかりませんでした。

まとめ

  • Air Printに対応していないプリンターで印刷する時はこの方法で印刷できる。
  • エプソン以外のプリンターでは不明。
  • レイアウトの編集はできないっぽい。
  • 余談ですが、テーブル、リスト機能、タイトル、見出し、写真貼付け、スケッチ機能等々メモアプリはかなり進化していました。

[DraftSight]図面に表を貼り付ける[Excel][AutoCad LT]


「DraftSight」でエクセルの表を貼り付けた時のメモです。
ただ貼り付けただけだと表にならなくて文字が貼り付けられるだけです。



環境はMac版DraftSight 2018 SP2、Excel for Mac2011 Ver.14.7.1です。



エクセルの表を貼り付ける



↓エクセルで貼り付けたい表の部分をコピーします。





↓DraftSightで[編集]→[選択したフォーマットを貼り付け]
貼り付けたい位置でクリック





↓[選択したフォーマットを貼り付け]のダイアログが出るので[文字をテーブル化]を選択して[OK]します。





↓始点と終点を指定すると表が貼り付けられます。







表の編集



貼り付けられたのはいいのですが、字がちっちゃ!
あと、文字がセルの上側に張り付いてしまっています。



「プロパティ」を表示する



まずは表を編集するためにプロパティのウィンドーを表示しておきます。



↓[ツール]→[プロパティ]でプロパティのウィンドーを表示します。





表を選択してプロパティから編集する



↓編集したいセルを選択してプロパティの値を変更します。





文字高さを変更すると文字が大きくなります。
垂直マージンなども値を変更するとセル内の文字の位置が変更できます。



セルの列幅の編集



列幅を変更するには、列を選択(列全部選択する必要なし)して青い□マークをドラッグ&ドロップすれば自在に変更できます。





[Excel]セルの結合が混在したシートを簡単に値のみコピペする方法[Ecxel Mac]




社内で名簿提出用に使っているExcel(エクセル)ファイルはPDFにエクスポートして提出しているのですが、稀に「書き足して客先に提出したいのでExcelで送って。」って言われることがあります。



セルに数式(参照先)等が入ってたり、名簿をデータベースとして使っていたりでSheet(シート)が沢山のエクセルファイルを送るのはアレなので、提出用シートのみをコピペして新しいブックを作成しようと思いましたが、シート丸ごとコピペすると値のみペースト(貼り付け)ができません。



コレを簡単にするにはマクロしか無いようです。



以外と簡単にできたので記しておきます。
環境は、Excel for Mac 2011 ver14.7.1 です。



形式を選択して値のみ貼り付けらられない



そのままコピーするとデータ参照の数式がペーストされる。参照元のデータのテキストをペーストしたい。


↑普段印刷用に使っているシートをメール添付用に新しいブックや、別シートにコピペしてもデータを参照している数式がコピーされるだけです。



この操作には、同じサイズの結合セルが必要です。


↑「形式を選択してペースト」で「値」としても上画像のように「この操作には、同じサイズの結合セルが必要です。」とダイアログが出ます。





マクロを使えば簡単に「値」をコピペ



一つ一つのセルをコピーするのは面倒ですが、マクロを使えば一括で値のみコピペできます。



手順は、



  • 1つのセルで値のみコピーするのをマクロに記録
  • コピペしたい範囲を選択してマクロを実行


たったコレだけです。





マクロを記録する



新しいマクロの記録



↓「ツール」→「マクロ」→「新しいマクロの記録」を選択していきます。



「ツール」→「マクロ」→「新しいマクロの記録」




↓マクロの記録ダイアログが出るので適当な名前、適当なショートカットキー、マクロの説明を入力します。



ショートカットキーは何度もマクロを使うときは便利なので設定しておきましょう。



マクロの記録ダイアログ。名前、ショートカット、説明を入力する。


マクロに記録する作業を行う



↓適当なセルを1つ選択してそのセルをコピーします。



マクロを記録。適当なセルを選択し、コピーする。




↓同じセルで「形式を選択してペースト」



同じセルで「形式を選択してペースト」


ダイアログが現れるので、「値」のラジオボタンを選択して「OK」する



「形式を選択してペースト」ダイアログ。「値」のラジオボタンを選択して「OK」




セルに「値」がペーストされたことを確認したら、「ツール」→「マクロ」→「記録終了」



「ツール」→「マクロ」→「記録終了」


これでマクロの記録は終了です。



マクロを実行する



マクロを実行しましょう。



「ツール」→「マクロ」→「マクロ」からでも実行できますが、マクロを記録する際にショートカットを設定しましたので、それでやってみます。



↓マクロを実行したい範囲をまとめて選択します。



「command」キー + 「p」キーを同時に押します。



マクロを実行。適用したい部分を丸ごと実行できる。


選択範囲にマクロが実行され、選択範囲の全てのセルで値のペーストが行われました。





マクロを確認してみる



マクロがどのように書き込まれているのか確認してみます。



↓「ツール」→「マクロ」→「マクロ」でマクロのダイアログを開きます。



「ツール」→「マクロ」→「マクロ」でマクロを確認。




「編集」をクリックします。



「マクロ」ダイアログで「編集」をクリック




マクロのコードが表示されました。



よくわかりませんがコピペしていそうですね。



マクロのコード


まとめ



マクロは簡単で便利なので積極的に使っていきたいですね。



コードを書く必要もないので敷居が低いです。



[Toones]「秒速FAX送信」を使ってみた[インターネットFAX]

ファックスと電話のみの取引先って未だ存在するのが現状です。

出先からどうしてもファックスを送信しなければならない時、とても助かりました。

1通10円で送信できるので、いざという時のお守りに登録しておいてもいいのではないでしょうか。

もちろん常用もOKです。

ファックス内容がPDFで残り、送信履歴も残るので「あれ?FAX送ったっけ?」が一目瞭然です。

 

概要

  1. ユーザー登録をする。
  2. ユーザー専用のFAX送信用アドレスを追加する。
  3. 送信用メールアドレスを登録する。
  4. 料金を前払いで振り込む。(200円〜)
  5. メールまたはブラウザ上からファックスを送信する。

ファックスの送り方

メールで送信する方法と、ブラウザ上から送信する方法があります。

 

メールでファックスを送る

  • 任意のメールソフトを使い、件名ファックス送信先番号を入力する。
  • このアドレス宛に本文を書くPDFファイルを添付して送る。
  • 差出人の欄はFAX送信メールアドレスで登録したメールアドレスを使用する。
 

ブラウザ上でファックスを送る

  • ブラウザ上でメールアドレスFAX送信用アドレスファックス番号を入力する。
  • 本文を入力するかPDFファイルを添付して送信ボタンを押す。
 

料金

クレジットカードまたは銀行振込による前払いです。

ポイントを購入するということになっています。

1ポイント=1円ですので、200円買えば200ポイントです。

最低200円から購入できます。

クレジットカードは24時間365日即時反映。

銀行振込は営業時間内で2時間程度で反映とのこと。

 

詳細

登録方法、料金の振込、ファックスの送り方について説明していきます。

 

登録する

Toonesのサイトに行き、「無料アカウントの開設」からアカウントを開設します。

 


 
 
↓氏名、電話番号、メールアドレス、任意のパスワードを入力、個人情報の取り扱いに同意にチェックして「申し込み内容の確認」をクリックします。

 


 
↓次の画面で申込内容を確認したら「登録申込」をクリックして仮登録します。

 


 
 
↓申込したメールアドレス宛てに本登録用URLが送られてきますので、URLをクリックして本登録します。

 


 

ログイン

本登録完了画面が出たらログインします。

メールアドレスとパスワードを入力してログインします。

 


 

FAX送信用アドレスを追加する

ファックス送信用アドレスを追加します。

↓ログイン後、「送信アドレス管理」をクリック。



 
 
↓利用規約に同意にチェックして「送信アドレス追加」をクリック。

 


 
↓FAX送信アドレスが追加されました。

 

送信用メールアドレスを登録する

ファックスを送信する際必要となるFAX送信用メールアドレスを登録します。

 
↓「メールアドレス未設定」をクリック

 


↓メールアドレスを入力、「追加」をクリック、「更新」をクリックします。

 


 

ポイントを購入する

FAXを送信する前にポイントを買ってチャージします。

画面右上の「Myページ」からToonesポイントを購入します。

↓銀行振込は営業時間内で2時間程度、クレカの場合は24時間365日即時反映されます。

200円以上で購入できます。



 
 
 

ファックスを送る

ファックスの送り方は2種類あります。

メールで送る方法とブラウザ上から送る方法です。

 

メールで送る

任意のメールソフトから送ります。

Gメールでも送れます。

注意点:HTMLメールはNGです。

必ずテキストメールで送信してください。

Gメールの場合は右下の「その他のオプション」から「プレーンテキストモード」にチェックを入れてください。

 
 


 
 
  1. 送信先(To)に付与されたFAX送信用アドレス(fax〇〇〇〇@ecofax.jp)を入力。
  2. 送信元(From)に登録したFAX送信用メールアドレスを入力。
  3. 件名(Subject)に相手先のFAX番号を入力。
  4. 本文を入力又はPDF書類を添付してメールを送信
 


 

ブラウザ上から送る

「Toonesホーム」→「秒速FAX」→「ブラウザFAX」をクリック

 


 
↓FAX送信画面に必要事項記入の上「FAX送信」をクリック

本文を入力またはPDFを添付することもできます。

 
 
 

まとめ

FAXはなるべく送りたくありませんが、どうしても送らねばならない時に登録しておいて損はないと思います。

Toonesは送信のみならば1通単位での料金で送れるので使いやすいです。

eFAX等他社もありますが、月額の支払いが有り敷居が高いです。

FAX機無しで受信もPCオンリーで運用するなら「秒速FAX plus」も有ります。
受信したFAXをPDFに変換してくれるそうです。

初期費用¥1050、月額¥480〜

FAXは前時代の通信機器ですが、まだまだ使っている会社も多いので対応が必要です。

こういうサービスはありがたいですね。

 

[EU]タクシーが今すぐ呼べる!ドイツに行ったとき役に立ったアプリ[mytaxi]

ドイツに行ったときこれは超便利!と思ったのがこのアプリ。

直ぐにタクシーを呼べます。



Uberと違って白タクではないので安心。

早くて安心明瞭会計です。

記事中の画像はiphoneのものです。
 

アプリをダウンロード

アプリをダウンロードします

 mytaxi iOS用

mytaxi Android用

 
 

登録する

アプリ起動。

サインインするか登録します。

初めての場合は登録です。

ふつうに登録するか、Facebookアカウントで登録します。

 

ふつうに登録

↓「Free Sign up」をタップ


 
 
氏名、携帯番号、メールアドレス、パスワードを入力します。

画像の場合はiphoneがパスワードを提案してくれるのでそのまま使用しました。
 
 


 
↓「Save」します。

 


 

Facebookで登録

↓「Connect」をタップ



 
↓「続ける」をタップ

 


 
 
↓「開く」をクリック

 


 
 
 
↓「Facebookアプリでログイン」をタップ

 


 
 
↓「開く」をタップ

 
 
 
 
 
氏名、携帯番号、メールアドレス、パスワードを入力したら「Save」

 


 
 

タクシーを呼ぶ

今いるところが表示されるので、行き先を指定します。

↓「Enter Destination」をタップ



↓行き先を入力

文字を入力すると候補地が検索され表示されます。

検索結果より選択します。

 


 
 
↓行き先が地図に表示されます。

車両の種類を選択して「Order Taxi now」をタップ

「Later」をタップしてあとで呼ぶこともできます。

 


 
近くにいるタクシーとマッチングしてタクシーが駆けつけてくれます。

今どこまで来ているかアプリの地図上で把握できます。

私の場合は混んでる時でも10分かからなかったです。

大体5分以内に来ました。

行き先も登録済みなので言葉でのやり取りは最小限で済みます。

来た時に一応相手の名前を確認するといいと思います。

メーター通りの明瞭会計です。

ピックアップされた時、到着、支払い完了など全てアプリで記録されます。

これはオススメです。

 
追記

[WordPress]海外でダッシュボードにアクセス出来なくなった[ロリポップサーバー]

海外に行った時、WordPressダッシュボードにアクセスしようとすると、403エラーが出て「現在、このページへのアクセスは禁止されています。サイト管理者の方はページの権限設定等が適切かご確認ください」と表示されてアクセス出来ません。

ロリポップレンタルサーバーを使っていたのですが、ユーザー専用ページで「海外アタックガード」の「ガード設定」で簡単にアクセスできるようになりました。

 
 

アカウントにログインしてユーザー専用ページを開く

アカウントにログインしてユーザー専用ページを開きます。

 
 

「海外アタックガード」を開く

↓「セキュリティ」→「海外アタックガード」をクリックします。

 


 

ガード設定

↓「海外アタックガード」のページを下にスクロールすると「ガード設定」があります。

無効にする」をクリックすると「ガードされていません」になります。

 

もう一度アクセスしてみる

WordPressのダッシュボードにアクセスします。

少しタイムラグがあるようですが、無事アクセス出来ました。

 

[iOSアプリ]FC2動画をiPhoneにダウンロードする[Clipbox+]

FC2ブログから引越しの時、記事に自分のFC2動画を埋め込んでいたのに、PCにオリジナルの動画が見つからない。

この場合、FC2動画にリンク貼るかFC2動画をダウンロードするかしかないです。

調べてみるとiOSアプリでFC2動画をダウンロードできるものがあったのでやってみました。

ダウンロードしてカメラロールに保存まで出来ました。

参考にさせていただきました。

iPhoneFC2動画をダウンロード保存する裏ワザ!【無料アプリClipbox

 
 

Clipbox+

iOSアプリのClipbox+
参考にさせていただいたサイトではClipboxでしたが、現在はClipbox+になっているようです。
Clipbox+へのリンク
 
 
 
 

FC2動画をダウンロードしてカメラロールに保存する

 
アプリを開きます。

↓「クリップ」をタップします。

 
Clipbox+ 「クリップ」をタップ  
 
↓「ブラウザ」をタップ

Clipbox+ 「ブラウザ」をタップ  
 
↓ブラウザの検索窓に「FC2」と入力します

「FC2動画」をタップ

Clipbox+ FC2動画を検索  
 
↓「メニュータブ」をタップします

 
Clipbox+ FC2d動画[メニュー」をタップ  
 
↓動画を検索します。

 
Clipbox+ 動画を検索  
 
↓ダウンロードしたい動画をタップします。

 
Clipbox+ 動画をタップ  
 
↓動画を数秒再生します。

画面最下部にある「+」マークをタップします。

 
Clipbox+ 動画再生して「+」をタップ  
 
↓「Are you OK?」をタップします。

 
Clipbox+ 「Are you OK?」をタップ  
 
↓さらに「Really?」をタップします。

 
Clipbox+「Really?」をタップ  
 
「OK」をタップします。

ダウンロードが始まります。

 
Clipbox+「OK」をタップしてダウンロード  
 
↓動画がダウンロードされるまで待ちます

 
Clipbox+ダウンロード中  
 
↓ダウンロードされました。

 
Clipbox+ダウンロード完了  
 
 
 
 

動画をカメラロールに追加する

アプリのホームに戻ります。

 
 
↓「マイコレクション」をタップします。

 
Clipbox+「マイコレクション」をタップ  
 
↓「Actions」をタップします。

 
Clipbox+「Actions」をタップ  
 
 
↓カメラロールに保存したい動画を選択します。

下部の項目を左へスワイプさせます。

 
Clipbox+動画を選択して左へスワイプ  
 
 
↓「カメラロール」という項目が現れるのでタップします。

 
Clipbox+「カメラロール」をタップ  
 
↓保存できるまで少し待ちます。

 
Clipbox+動画を保存中  
これでカメラロールに動画を保存できました。